全米憧れの街・ポートランドに非常事態。ホームレス急増で街が激変

20170828_Portland
 

毎週のように世界中を飛び回るクリエイターの高城剛さんが、自身のメルマガ『高城未来研究所「Future Report」』で、先日カナダから米国西海岸にかけてロードトリップをしてきた様子について綴っています。高城さんは、かつて「全米で最も住みやすい街」ともてはやされたオレゴン州ポートランドの見るも無残な衰退ぶりを目の当たりにしたのが今回の旅で最も衝撃を受けたことだったとのこと。このポートランドの現状を「ダークサイドへ落ちた米国の象徴」と語り、今後これが全米に広がる可能性を指摘しています。

米国は、B面へと移り変わった

今週は、コロラドのボルダーとデンバー、シアトル、ポートランド、ポートランド郊外のマウントフッド国立公園やネイティブアメリカンの街ワームスプリングやオンココ国立公園と移動しています。

この夏はカナダと米国西海岸をロードトリップしてまして、部分的に飛行機を使うこともありますが、基本的には野宿同然の車中泊やモーテル泊の日々を送っています。

この時期の米国西海岸は好天が続き、なにより湿度が低いのが快適で、野宿や車中泊でも苦になりません。

さて、三年ぶりにポートランドを訪れましたが、その変貌ぶりに驚きました

まず、ホームレスの数が尋常ではありません

いまから二年ほど前に、急増するホームレスに対し「非常事態宣言を出したポートランド市政府ですが、住宅提供や表現活動を支援対策するも、増え続けるホームレスに事実上打つ手がないようです。

十年前は、コンパクトシティとして世界的に評価されたポートランドでしたが、いまでは見る影もありません。

なにしろ、人口の1%近い人たちが、ホームレスとして街に溢れているのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 全米憧れの街・ポートランドに非常事態。ホームレス急増で街が激変
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい