NY在住の日本人が二度見した、米国人の「ヘンな日本語Tシャツ」

20171018_kanji
 

最近は訪日外国人用として日本でも数多く作られている日本語Tシャツ。「侍」「武士」など、日本を強くイメージさせるものや「大阪」「浅草」など地名が入ったものが人気ですが、メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者で米国の邦字紙「WEEKLY Biz」CEOの高橋さんによると、ニューヨーカーが着ている日本語Tシャツは思わず二度見するものが多く、ヘンな日本語の入れ墨も多いようです。

ニューヨーカーにとっての“日本語”

当たり前になりすぎて、気持ちスルーしがちになりますが、この街では日本語の書かれたTシャツを着ているアメリカ人を毎日のように目にします。

もちろん、そのほとんどがヘン”です。圧倒的におかしなことになっています。

言葉の意味そのものというより、あくまでフォルム重視なので、どんな内容かは着ている本人ももちろん製造しているメーカーですら二の次なんだと思います。

じゃないと「読書感想文」と縦に大きく書かれたTシャツがこの世に存在するはずもないし「システムキッチン」と書かれてるものも見たことがあります。

「おにぎり」とか「素敵」とか単語ならまだメーカーサイドもなにかしらの狙いがあったのかと推測できますが「消毒します」とか「いざ解散!」とかは、もう意味をなしてない。狙いもなにもない。

単語だとしても「送料無料」とか「肌荒れ」とかは、完全に見た目だけで企画会議が通ったのだと思います。 企画会議というものがあったとしてだけど。

バカまるだし」はメーカーの悪意を感じるし、ホントにバカまるだしに見えちゃうので可哀想だなとも思います。 以前、子連れのお父さんが胸に大きくデキちゃった婚」と入っていたのには、色々想像してしまうし、なによりベビーカーに乗ってる赤ちゃんを反射的に見てしまうので、見せられるこっちの身にもなってほしい。

スターバックスでなかなか出てこないコーヒーを待っている、大人しそうなおじいちゃんの背中にふと目が止まると「攻撃的」と書かれていたので「ひょっとしてキレだすんじゃないか」と必要以上にドキドキしてしまいました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • NY在住の日本人が二度見した、米国人の「ヘンな日本語Tシャツ」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい