なぜ貴乃花親方が叩かれる。メディアが報じない「相撲協会」の悪癖

貴乃花親方 日馬富士 相撲協会
 

横綱の推薦を主な任務とする横綱審議委員会が20日の会見で、異例の「貴乃花批判」を行ったことが話題になっている昨今、前回掲載の記事「日馬富士事件、法律より強い「横綱の正義」なんてあるのだろうか」で、連日報じられている日馬富士事件を「単純な暴行事件」と一喝したメルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の著者で中部大学教授の武田先生。今回は、同席していた白鵬・鶴竜以下、相撲関係者を厳しく糾弾するとともに、相撲協会の聴取に応じない貴乃花親方ばかりをクローズアップするマスコミの姿勢に疑問を呈しています。

日馬富士事件と日本(2) 同席していた白鵬と鶴竜はどうするべきだったか?

相撲の世界に「人情」は存在するのか?事件当時の傍観者たち

民主主義でなくても先進国でなくても、さらに古代の国家でも、「人情の厚い社会は昔からありました。そして日本もその一つでしたし、フィリピンなどの多くの国も私が知っている限りではほぼ同じような人情を感じます。

ここでいう人情とは、たとえば、お腹が痛い(癪)と蹲っている道端のご婦人を助ける(江戸時代)、日本から遠いトルコの軍艦が荒れた海で遭難したら日本の漁民が命懸けで助ける(エルトゥールル号事件、明治23年)、などのことで、苦しんでいる人が誰であれ、そんな人が目の前にいたら手を差し伸べるのが人情」であって、格別「法治国家」とか「日本社会」などを持ち出す必要もありません。

白鵬鶴竜は、日馬富士が貴ノ岩を殴っているときに傍観していたようです。そして、傷ついた貴ノ岩が痛がっているのに救急車を呼びませんでした。このことは、先進国とか遅れている国とか、さらには日本の文化とかモンゴルの社会などの違いの問題ではなく、「白鵬と鶴竜は人間の情を持っている人物か」という人間として基本的な疑問に関係するものです。

つまり、横綱というのは綱を締めているということから、人間より高貴な神様に近いと擬するわけですから、綱を張っている白鵬と鶴竜はみずからの行為を恥じて相撲協会に進退伺を出すのは当然のことです。それよりまずは「自分がとった行為は本当に恥ずかしかった」と公言して、そのような態度をとるべきでしょう。

また、もちろん、ある場所に同席している人が複数の場合、その中でもっとも社会的に地位があったり、年長だったりする人が、その場でなすべきことを決めるのが普通ですが、その決定が不適切だった場合(つまり今回のように横綱がいても、暴行を止めなかったり、傷ついた貴ノ岩を助けなかったりした場合)、より地位が低かったり、若い人が「暴行を止めるべきではないか、病院に連れていくべきではないか」と叫ぶのもまた人情と言えます。

日馬富士が暴行を働いている間、傍観していた力士や救急車を呼ばなかった力士は、まず「反省の弁」を公表し、次に横綱に続いて相撲協会に対して引退伺いを出すべきでしょう。それは「社会人として人間としてするべきことをしなかった」ということを自覚していることになるからです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ貴乃花親方が叩かれる。メディアが報じない「相撲協会」の悪癖
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい