現実を帯びてきた日本の「9条改正」論議、与えられた選択肢は3つ

冷泉彰彦 自民党 安倍晋三 枝野幸男 憲法改正 憲法9条
 

新たな年を迎え、日本国内では再び「憲法改正」についての議論が深まりつつあります。現時点では大きく分けて「安倍総理案」「自民党案」「立憲民主党案」の3つがあり、それぞれ異なる特徴をもっていますが、今回のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』では、アメリカ在住の作家で世界情勢にも精通する冷泉さんが、この3案の内容について詳述するとともに、「それぞれに大きな欠点がある」と指摘しています。

9条改正論の論点と可能性

年が明けたことで、憲法改正論議が少し動き出したようです。核心はやはり「9条」ですが、現時点では3つの方向性があるようです。

1つ目は、2017年5月に安倍総理が提案した「9条1項と2項は残し」、これに自衛隊を合憲化するという条項を加える「9条加憲案」というものです。

2つ目は、これに対して、自民党が依然として公式な改正案としているもので、自衛隊を国軍化するというものです。

3つ目は、立憲民主党の中で議論されているもので、9条をより詳しい条文に書き直し、立憲主義に基づいて専守防衛の自衛隊を再定義・合憲化するというものです。

私は、この3つはどれも一長一短があるように思います。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 現実を帯びてきた日本の「9条改正」論議、与えられた選択肢は3つ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい