五輪の「微笑み」に油断するな。軍事のプロが見た北朝鮮海軍の実力

北朝鮮 海軍 平昌五輪 小川和久
 

平昌冬季五輪への出場を果たし、「南北統一」に色気を見せはじめた北朝鮮。しかし、メルマガ『NEWSを疑え!』の著者で軍事アナリストの小川和久さんは、「北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発を進めていることは事実で油断ならない」と断言。さらに、北朝鮮が所有する「艦艇」を徹底分析し、北朝鮮海軍の本当の兵力について、冷静な観点で持論を展開しています。

北朝鮮潜水艦の「実力」

Q:先週のメルマガ(2018年2月8日号)では、極東での米原潜オペレーションをうかがいました。佐世保寄港の急増は北朝鮮の弾道ミサイル発射への対応のほか、これまで無視してきた古くてポンコツの北朝鮮潜水艦にも目配りしている、と。今回は、北朝鮮潜水艦の現状はどうなっているか、どの程度の能力・実力があるのか教えてください。

小川:「いま北朝鮮は、ちょっとおとなしくしています。2月9~25日に韓国の平昌《ピョンチャン》で開かれるオリンピック・パラリンピックを最大限利用したいからです」

「北朝鮮の金正恩労働党委員長は2018年1月1日の『新年の辞』で、『新年は、わが人民が共和国創建70周年を祝い、南朝鮮では冬季オリンピック競技大会が開かれる、北と南に意義のある年』と述べ、『平昌冬季五輪は民族の地位を誇示するよいきっかけ。われわれは大会が成功裡に開催されることを心から願う』『北朝鮮も代表団派遣を含めて必要な措置をとる用意がある』などと続けました」

「韓国の文在寅《ムン・ジェイン》大統領がこれに応じると、北朝鮮は”秘密兵器”の美女まで出してきた。金正恩委員長肝いりの女性グループ『モランボン楽団』の玄松月《ヒョン・ソンウォル》団長です。国民的歌手として知られる彼女は金正恩の元恋人とも噂されています。2018年1月中旬に板門店で開かれた南北実務協議に出てきたとき250万円するハンドバッグを持っていた、と韓国メディアが調べて書きました。その直後に訪韓したときの写真を見ると、ボタンに宝石がはまった豪華な服を着ていて、ファー(毛皮の襟巻き)もロシアンセーブル(黒貂)かなにか、とにかく本物でしょう」

「続いて北朝鮮は2月9日の平昌オリンピックの開会式に高位級代表団としてナンバー2の金永南最高人民会議常任委員長と実質的なナンバー2で金正恩委員長の実妹・金与正党第1副部長(政治局員候補)を送り込んできました。金与正氏は『特使』と名乗り、金委員長からの親書を手渡し、口頭で文大統領の早期の訪朝を要請しました。名実ともにナンバー2を送り込んだことで、北朝鮮の本気度が示された結果になりましたが、経済制裁による逼迫に加え、米国の軍事的圧力に怯えた結果との観測も出ています。ともあれ、韓国側は2泊3日の日程の全てにわたって金与正氏を『国賓待遇』で遇し、南北関係の改善に向けてエールを送った形です」

「しかし、油断はなりません。北朝鮮分析を専門とする研究チーム/ウェブサイトの『38ノース』(38 NORTH)が行った商業衛星画像の解析によれば、その一方で北朝鮮は潜水艦発射弾道ミサイルSLBMの開発を進めている模様で、東海岸の新浦・南造船所では未知の造船計画が進行中の可能性があり、西海岸の南浦海軍造船所でもSLBMに関連する動きがある、などと伝えています。そこで、北朝鮮の海軍力、特に潜水艦の現状やASW(対潜水艦戦)能力をお話しすることにしましょう」

北朝鮮 ヒョン・ソンウォル氏 写真特集(時事ドットコムニュース)

38 NORTH

38 NORTHの「SLBM」関連ニュース(最近のもの4件)

印刷する

人気のオススメ記事

  • 五輪の「微笑み」に油断するな。軍事のプロが見た北朝鮮海軍の実力
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい