NYでも「おひとりさま」がブーム。一人旅に最適なスポットは?

LEE-SNIDER-PHOTO-IMAGES-Shutterstock.com_-768x483 copy
 

東京や大阪などの都市部では、一人で外食する「ひとり飯」をする人々をよく見かけますが、それはNYでもポピュラーなようです。メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者であるニューヨーク在住の高橋さんはニューヨークこそ「ひとり旅」におすすめとし、ひとりでも楽しめるニューヨークの過ごし方を紹介しています。※この記事は3月6日、旅メディア『TRiP EDiTOR』に掲載されたものです。

ニューヨークはひとり旅にかぎる!

日本では完全なる市民権を得た言葉、「おひとりさま」。

ここニューヨークでも「おひとりさま」サービスはかなり充実しています。 むしろ、世界の中でももっとも「ひとり旅」に適した街なのではないか、と思うほどです。

“一人飯”は〈solo dining〉、“一人旅”は〈solo trip〉と呼ばれ、検索ワードとしてちょくちょくネットに登場します。

例えば「食」にいたっても、本来、アメリカは神様にお祈りをして、家族みんなで食べる、というイメージがありますが、当然のごとく、地方に行くほど、その傾向は強い。 田舎の方が宗教色も強く「家族みんなで」「ご近所さんひっくるめて」という習慣が顕著なのは、日本と一緒ですよね。

世界から単身で乗り込んでくる大都会ニューヨークは、当然「ひとり飯」が当たり前になってきます。 レストランにひとりで入りづらい、、という感覚は、アメリカの地方や、日本と比べて希薄で済みます。

そして「交通」。 ニューヨーク、マンハッタンはアメリカ内でも珍しく、車がなくても自分の足や交通機関を使えば、誰の手も借りずに行きたい場所に行ける街なんです。
アメリカって実は「大いなる田舎」なんです。映画やドラマに登場する街は、ほとんど都市部。 その都市部は、この大きな国土を有する合衆国でほんの数パーセント。 車ありきで、人々は生きていっている感じです。

出張でよく行く「もうひとつの大都会」ロサンゼルスですら、車がないとどこにも行けません。 旅行で行ったとしても、自分ひとりで自由行動する、というより、やはり、ガイドさんや、同じ旅行仲間と決まった時間に車に乗って、行き先を決めていざ出発、となってしまいます。
「家族(友達)みんなで車に乗ってレッツゴー!」ではなく、ふらっと地下鉄に乗って、行き先も決めず好きな駅で降りることが出来るのもニューヨークの大きな特徴と言えます。
あとは、マンハッタンが面積的に実は東京の世田谷区と同じくらいの面積、という意外と小さなサイズであることも、ひとり旅に向いている理由だと思っています。山手線内にすっぽりハマってしまう大きさの中に、世界的に有名な観光名所があれだけ詰まっています。 同行した人とおしゃべりする時間がないほどに。

あくまで個人的な意見ですが、世界的遺産や、絶景地、キャンプなど、時間がゆっくり流れる場所こそ、家族や友人と一緒の方が楽しめるのではないかと思うのです。 (もちろん、完全なる個人的意見です)

そして、「おひとりさま」としての過ごし方はさまざま。 週末のブランチ、趣味グループに参加、マラソン、観光、ギャラリーめぐり、買い物などなど。

ニューヨークの食事事情

とは言っても、さすがのニューヨークでもディナー時ひとりで入りづらい雰囲気のレストランも存在します。 そんな時は、週末のブランチを利用しましょう。

ブランチ限定で、メニュー数も厳選されています。 ひとりで入店しづらいお店もブランチ時は「おひとりさま」が非常に目につきます。 まさに、おひとりさまにはもってこいのダイニングタイム! とはいえ、すべてのレストランでブランチを提供しているというわけではないので、目ぼしいレストランを見つけたら、週末メニューをチェックすることをおススメします。

印刷する

人気のオススメ記事

  • NYでも「おひとりさま」がブーム。一人旅に最適なスポットは?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい