信頼している中国人に「中抜き」されて騙される日本のビジネスマン

shutterstock_364189079
 

前回掲載の「YOUは何しに中国へ?日本人駐在員の多くが日本人に嫌われる理由」では、日本人が中国人はおろか同じ日本人からも嫌われ軽蔑される理由について明かした、中国でビジネスを展開する日本人著者・ジンダオさん。今回の無料メルマガ『上海からお届け! 簡単3分、写真で覚える生活中国語』では、中国語を話せない日本人が「信用する中国人」に騙され続けているという実態を紹介しています。

いつまでも中国人に騙され続ける性善説好き日本人

ある日本人経営者がこんな声を漏らしていたと、中国人の友人が教えてくれたのですが、私の一言で苦笑いしていました。

春節を終えてようやく、仕事モードになりつつある中国。日本と同様に春節を挟み忘年会や新年会があるのですが、友人の中国人が知り合いの日本人と新年会をしていた時の話。

借りている事務所の家賃がまた上がる。費用対効果を考えると引っ越そうかな」。そんな言葉を漏らしていたそうですが、私が友人に「家賃の中抜き額が大きいからじゃ?」と話すと、友人の中国人は苦笑いして「確かにね」と一言。

「中抜き額が大きい」と言うのは、例えば会社Aがオフィスビルに支払う額が毎月10万元とした場合、オフィスビルから会社Aのスタッフへキックバックされ、「中抜き」されている額の事を指します。

よくある話ですが経営者の日本人は中国語が分からないのと、面倒な契約関係は自分が信用するスタッフに対して、ビル探しや契約を依頼するのですが、そのスタッフはビル側と2つの交渉を行う場合があります。それは会社スタッフとしてビル契約の交渉を進めるのと、契約後に毎月自分に幾らキックバックをしてくれるかの交渉です。

性善説が大好き日本人の感覚からは「そんな事はあり得ない」と、思うかも知れませんが、実際によくある話です。「うちに限って」と言っている会社に限って、起きているかも知れません。

全ての中国人に該当することではありませんが、責任を与えると「責任の範囲であれば何をしてもいい」と思い、日本人から「指摘を受けなければOK」なのと、「見つかってもあの日本人は私を信用しているのでお咎めないだろう」と、日本人は軽く思われているので、あの手この手と中抜きを考えます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 信頼している中国人に「中抜き」されて騙される日本のビジネスマン
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい