【書評】少子化に高齢化。日本の人口減を食い止める過激な提言

0518creater
 

少子高齢化の有効な手立ても見つからず、人口減の一途を辿っている日本。我が国はこのまま衰退してしまうのでしょうか。今回、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介しているのは、そんな状況を打破するための10の提言が記されている1冊。人口減から脱するためには、今なにが必要なのでしょうか?814gn-rYj9L

未来の呪縛 日本は人口減から脱出できるか
河合雅司・著 中央公論新社

河合雅司『未来の呪縛 日本は人口減から脱出できるか』を読んだ。政府のいう少子化対策子育て支援策とは、重なる部分も多いが、似て非なる政策だ。保育所の整備や「仕事と生活の調和」など、親の就労環境の改善に議論が集中してきた。しかし、もはや出生率増加に踏み込んだ策が必要だ。現在の少子化の要因の大半は、結婚で説明できる。筆者は、直ちに行うべき施策を10の提言として述べる。

結婚対策

  1. 高校ボランティアチームの結成
  2. お見合いの普及
  3. 「未来の人生年表」をつくる
  4. 20代対象の「母親応援手当」の創設
  5. 第3子以上に1,000万円給付
  6. 「父親休暇」制度の導入
  7. 子育て世帯の全国転勤凍結
  8. 「全母親支援センター」の全国展開
  9. 「育児保険」の新設
  10. ゼロ歳に選挙の投票権を付与

番外社会保障費循環制度の導入──である。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【書評】少子化に高齢化。日本の人口減を食い止める過激な提言
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい