そのワイン、安いけど危険です。ヒ素混入のアメリカ産ワインで集団訴訟

shutterstock_243104890
 

いよいよ本格的なお花見シーズンの到来ですね。女の子と一緒のお花見となればワインの持ち込みは必須です。ところが世界の最新ワインニュースを届けるメルマガ『新バリックヴィル・ワインニュース』を読んでいたら、怖い記事を見つけました。なんと!アメリカ産のワインに基準レベル以上のヒ素が入っていたんですと!

アメリカ産の安ワインは飲むな

最近業界内で騒がれている話題がこれです。

Sutter Home、Menage a Trois、Franzia、FlipFlop、Charles Shaw、などといったブランドのワインは飲んではいけません。特にモスカート、ピノ・グリージョ、ソーヴィニョン・ブランなどの品種は良くありません。アメリカEPAが定めるの基準レベル以上のヒ素が入っている。という事がわかりました。

同じブランドでもヒ素比率が高いワインと低いワインがあります。全く科学的根拠はありませんが、モスカートとかホワイト・ジンファンデルなど少し甘い要素があるワインが危ないのかな、とも思えます。カベルネとかはあまりはいっていません。

ワインのリコールと、顧客への返金分の保証を求めて集団訴訟が行われています。こんな事があると、アメリカワインに対する信頼が下がりますよね。

なお訴訟のターゲットとなっている全ワインは以下の通り。年代が付いていないワインは複数年のワインが対象です。

■Acronym GR8RW Red Blend 2011
■Almaden Heritage White Zinfandel
■Almaden Heritage Moscato
■Almaden Heritage White Zinfandel
■Almaden Heritage Chardonnay
■Almaden Mountain Burgundy
■Almaden Mountain Rhine
■Almaden Mountain Chablis
■Arrow Creek Coastal Series Cabernet Sauvignon 2011
■Bandit Pinot Grigio
■Bandit Chardonnay
■Bandit Cabernet Sauvignon
■Bay Bridge Chardonnay
■Beringer White Merlot 2011
■Beringer White Zinfandel 2011
■Beringer Red Moscato
■Beringer Refreshingly Sweet Moscato
■Charles Shaw White Zinfandel 2012
■Colores del Sol Malbec 2010
■Glen Ellen by Concannon’s Glen Ellen Reserve Pinot Grigio 2012
■Concannon Selected Vineyards Pinot Noir 2011
■Glen Ellen by Concannon’s Glen Ellen Reserve Merlot 2010
■Cook Spumante
■Corbett Canyon Pinot Grigio
■Corbett Canyon Cabernet Sauvignon
■Cupcake Malbec 2011
■Fetzer Moscato 2010
■Fetzer Pinot Grigio 2011
■Fisheye Pinot Grigio 2012
■Flipflop Pinot Grigio 2012
■Flipflop Moscato
■Flipflop Cabernet Sauvignon
■Foxhorn White Zinfandel
■Franzia Vintner Select White Grenache
■Franzia Vintner Select White Zinfandel
■Franzia Vintner Select White Merlot
■Franzia Vintner Select Burgundy
■Hawkstone Cabernet Sauvignon 2011
■HRM Rex Goliath’s Moscato
■Korbel Sweet Rose Sparkling Wine
■Korbel Extra Dry Sparkling Wine
■Menage a Trois Pinot Grigio 2011
■Menage a Trois Moscato 2010
■Menage a Trois White Blend 2011
■Menage a Trois Chardonnay 2011
■Menage a Trois Rose 2011
■Menage a Trois Cabernet Sauvignon 2010
■Menage a Trois California Red Wine 2011
■Mogen David Concord
■Mogen David Blackberry Wine
■Oak Leaf White Zinfandel
■Pomelo Sauvignon Blanc 2011
■R Collection by Raymond’s Chardonnay 2012
■Richards Wild Irish Rose Red Wine
■Seaglass Sauvignon Blanc 2012
■Simply Naked Moscato 2011
■Smoking Loon Viognier 2011
■Sutter Home Sauvignon Blanc 2010
■Sutter Home Gewurztraminer 2011
■Sutter Home Pink Moscato
■Sutter Home Pinot Grigio 2011
■Sutter Home Moscato
■Sutter Home Chenin Blanc 2011
■Sutter Home Sweet Red 2010
■Sutter Home Riesling 2011
■Sutter Home White Merlot 2011
■Sutter Home Merlot 2011
■Sutter Home White Zinfandel 2011
■Sutter Home White Zinfandel 2012
■Sutter Home Zinfandel 2010
■Trapiche Malbec 2012
■Tribuno Sweet Vermouth
■Vendange Merlot
■Vendange White Zinfandel
■Wine Cube Moscato
■Wine Cube Pink Moscato 2011
■Wine Cube Pinot Grigio 2011
■Wine Cube Pinot Grigio
■Wine Cube Chardonnay 2011
■Wine Cube Chardonnay
■Wine Cube Red Sangria
■Wine Cube Sauvignon Blanc 2011
■Wine Cube Cabernet Sauvignon/Shiraz 2011

● 今週のワイン

ワイン:ウォーターストーン、カベルネ・ソーヴィニョン\・リザーヴ 2010
価格:2,800円ぐらい

残念ながら上の様な問題を起こしているカリフォルニアワインですが、探していると前回のマクマニス然り、ものすごいバリューワインが見つかります。

前回書きました通り、カリフォルニアはそれなりに「しか」ビンテージ違いはありませんが、このワインはたまにしか外れのビンテージがありません。というのがこのワイナリーは基本はネゴシアン。有名ワイナリーの樽落ちなどのワインを買ってきてブレンドしますので、良い年にはかなり良いですが、今一つの年でも何となく悪い所も希釈化されるわけですね。明らかにおすすめのワイナリーです。

以下、私のコメントです。

『グレートバランス―97点。2010年ものを4年後に試飲。香りはえんぴつ芯、黒果実、ダスト、ビターチョコ、たばこ。まるでナパのカルトカベルネ。酸も渋味もしっかり、それでいてアルコール感は高すぎず、過熟した感じもない。骨格はしっかりとしていて余韻も長い。今飲んでもうまく、長期熟成も可能なまぎれもないグレートワイン。』

品質:★★★★★
バリュー:★★★★★

新バリックヴィル・ワインニュースより一部抜粋

──本日のトピックおよびコラム─────────────
● テイスティングのしすぎには気をつけて
● 為替変動の影響
● 中国では白ワインは売れないらしい
● アメリカ産の安ワインは飲むな
● 今週のワイン
─────────────────────────

新バリックヴィル・ワインニュース
真面目な新技術の話題からゴシップ的な話題まで、世界中のワインやワイン業界関連のニュースを網羅してお得な価格で毎週配信中。ワイン好きは必見です。
<<お試し読みはこちら>>

 

【ついでに読みたい】

今や世界を驚かす日本ワイン、今度は産地散策用のワイナリーマップが登場

お花見でタジン鍋。お外で食べる簡単ヘルシー料理、見つけたよ。

【Why japanese people!】花見のビールを一瞬で美味しくするグッズがこんなにもある

花よりポテチ。一人でもお酒を飲むOLが恋した、春の最新スナック菓子

【まるで絵本の世界】桜と菜の花が一度に楽しめる、よくばり花見スポット3選

print

  • そのワイン、安いけど危険です。ヒ素混入のアメリカ産ワインで集団訴訟
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け