一流のカジノディーラーはルーレットの数字を狙えるのか?

 

なぜ現在のディーラーは狙うことができないのか……。

それは、現在主流ルーレットウィール構造上、狙うことが出来なくなってしまったからです(ディーラー技術の問題ではありません)。

現在主流のルーレットウィールは、数字のの部分が浅く作られているので、回転から落ちたボールはその後、勢いをつけたまま転がって行ってしまうんです。

なので、たとえディーラーが一点を狙ったとしても……狙った数字のピンそばにボールを弾くことが出来たとしても、落ちてからボールがコロコロ~っと半周以上回っちゃうので(1周半くらい転がることもありますよ)、結局のところ、ボールがどこまで行くのか読めないんですね。

20年くらい前までのウィールは、数字の部分の溝が深くなっていたので、ボールは、気持ち良いくらいにスト~ン!一点に入ってくれました!(いや~、これ出来た時はホンマ気持ちいい!)

要するに、落ちてからの転がり少なかったんです。

なので、ディーラー経験が1年くらいの初心者でも、狙ったその数字の周辺に落とすことくらいは誰にでも出来ました。半年くらい練習すれば、本当に誰にでも出来ることなんですよ。

だから、

「ウィールの溝が深く練習好きなディーラーさんは、昔は狙えた!

と言っても過言ではないかも知れません。昔のディーラーは本当に良く練習をしていましたよねー。うまいディーラーさん、本当に多かった……また、かっこいいんですよ~! 技術のあるディーラーって……。

ただ、カジノ側としては、ディーラーが狙った数字に落とせるようになると、プレーヤーと結託して、イカサマ行為が出来てしまうので……。

だから、ウィールの溝を浅くしてボールが転がるようにしたり、ウィールの回転をぐるんぐるん!に早く回したりして、読めなくしてしまう……。

昔からのルーレットのベテランプレーヤーからは、

「数字読めないと、ルーレット面白くないじゃない」

とか言われちゃうんですけどね……。

美しく健全な日本型IR(カジノ)を実現するためには、不正行為に繋がるような要素のある「モノ・コト」はやっぱり導入しないほうが賢明ですよね。

ということで……。

今回のお題

「カジノディーラーはルーレット狙える?」

に関しては、

カジノディーラーはルーレット狙えませーん!

が私の結語です。

image by: Shutterstock

 

鍛野ミミの「カジノの目線で」-ここだけばなし-』より

著者/鍛野ミミ
カジノディーラー歴24年。ラスベガスのディーラーライセンスを持ち、日本では数えるほどしかいない、海外大手カジノ事業主の「富裕層・VIPマーケティング」業務を経験した筆者が、これまで語ることのなかったカジノの「アレコレ」を発信していきます。
≪無料サンプルはこちら≫

print

 

 

  • 一流のカジノディーラーはルーレットの数字を狙えるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け