元CAが伝授。たった一つの仕草で、他人からの印象が良くなる

2015.10.22
16
by NozomiK
shutterstock_237949156
 

人への印象に影響を与えるのは、話す内容が大半だと思っていませんか? 実は、それは大きな間違いで、印象付けに関わる感度センサーの9割が話の内容以外のことなのです。メルマガ『エアライン直伝 接客の悩みをスッキリ解決する方法』では、元国際線客室乗務員の著者が、印象をよくするための簡単な方法を紹介しています。

姿勢の効果

「こんにちは~」と、人から挨拶されたとき、あ、感じの良い人だなー、と思える人もいれば、そうではない人っていませんか?

人は他人に対して、好きか嫌いか、を瞬時判断します。

どうやって判断していると思いますか?

その感度センサーは5割視覚4割聴覚から、といわれています。

ちなみにあと1割話す言葉内容そのものです。

たいがい人と会うときには、話す内容ばかりを気にしがちですが、人への印象に影響を与えるのは、話の内容以外の部分ということです。

例えば、初対面の場で自己紹介する場面って、その人の話した内容よりも、「その人がどんな表情をしていたか」、「どんな服を着ていたか」というようなことが頭に残っていたりしませんか?

そのくらい見た目や声の出し方、話し方は相手に対して大きなインパクトとなるものなのです。

そんなインパクト大の、見た目や耳から入ってくる声の印象ですが、実は、一つのこと心がけるだけでグッとアップします。

それは、姿勢をよくすること

姿勢をよくすることは、見た目に礼儀正しさや仕事への真摯な態度、相手に対する誠意緊張感などの印象を与えます。

そして意外かもしれませんが、姿勢をよくして出す声は、姿勢が悪い状態で出す声よりも、明るくハリのある声になるんですよ。

試しに、猫背の時に出る声と、姿勢をシャキッとしたときに出る声を比べてみてください! 違うはずです。

そして、もう一つよいこととして、姿勢をよくすると、頭も冴えます

難しい話は専門外ですが、血流の関係で、これは医学的にも証明されているらしいです。

目の前に相手がいないような、電話で話すときにも、姿勢を良くすると、目に見えない相手にもよい印象を与えられますよ。
是非、普段からやってみてくださいね。

 image by: Shutterstock

print
いま読まれてます

エアライン直伝 接客の悩みをスッキリ解決する方法

元大手航空会社の国際線客室乗務員、CAの教育担当をしたインストラクターの目線から、今すぐできる接客の秘訣をお伝えします!
<<登録はこちら>>

  • 元CAが伝授。たった一つの仕草で、他人からの印象が良くなる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け