口癖は恥ずかしくない。言い続ければ、思いが必ず形になる魔法の言葉

shutterstock_122498017 copy
 

「口癖」と聞くとあまりいいイメージを持ちませんが、無料メルマガ『ビジネス発想源』の著者・弘中勝さんは、口癖をネガティブに捉えず上手く利用して言い続けることで、自分や周囲に変化がおとずれると言います。その驚きの方法をわかりやすく解説していただきました。

意味の口癖

大抵、「口癖くちぐせ)」は馬鹿にされます。

「あいつすぐ、こう言うよね」と、陰でこっそり笑われたり、モノマネされたりします。

その馬鹿にされていることを恥ずかしがって、何とかその口癖出さないように直そう、と多くの人が思ってしまいます。

しかし、口癖には2タイプ種類があります。

1つ目のタイプは、「表現の口癖」です。

表現の口癖とは、例えば語尾が特徴的だとか、「雰囲気」を「ふいんき」と読む言い間違いだとか、生まれ故郷の独特のイントネーションだとか、要するに話し方喋り方の癖ですね。

これは、一度モノマネをされると、どんなシチュエーションでも真似ができます。

ものまね芸人がやっているモノマネは大抵これで、その人のしゃべり方、振る舞い方の特徴をつかんでいるので、よく似ていると感じます。

そして口癖の2つ目のタイプは、「意味の口癖」です。

これは、表現やシチュエーションはどうであれ、同じ意味のことばかり繰り返す口癖です。

ポジティブ思考とかネガティブ思考などという時はまさにこれで、いつもポジティブなことばかり言う、いつもネガティブな発言ばかり、などということに似ています。

例えば、アニマル浜口が「気合いだー」とよく言いますが、あれも気合いを入れようという意味があるので、まさに「意味の口癖」です。

現在放送中の大河ドラマ『花燃ゆ』で、主人公の美和(井上真央)が「世話ぁない」と言ったり毛利敬親(北大路欣也)が「そうせい」と言ったりしていますが、あれらも「大丈夫」「そうしなさい」という意味があるので、どちらも「意味の口癖」です。

そういう「意味の口癖」である口癖を持つ人は、陰でなんと言われようと、恥ずかしがることはありません。

その意味を伝えるために言っていることなのだから、それを恥ずかしがって直そうとするというのは、自分の信念を恥じ自分の信念を曲げるということです。

それよりも、自分が本当にそう思っての口癖ならば、全く気にする必要はないのです。

むしろ、その「意味の口癖」が浸透していくことで、その意味自分のキャラクター融合し、自分の新たな居場所拓けてくるようになります。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 口癖は恥ずかしくない。言い続ければ、思いが必ず形になる魔法の言葉
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい