「育休不倫」を超えていた。世界の政治家ビックリ不倫事情

shutterstock
 

先日「不倫釈明会見」を行って世間に恥をさらす格好となったイクメン議員こと宮崎謙介氏。とは言え、氏の場合は育休宣言最中での不倫ということでこれだけ大きな騒動に発展しましたが、政治家の不倫騒動は日本のみならず世界中で巻き起こっています。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では、世界各国の政治家の不倫事情と国民の反応が紹介されています。

政治家の不倫、外国の事情は?

今回は、世界情勢とあまり関係ない話です。

毎日日本のニュースを追っていますが、今年は年初から騒がしいですね。ベッキーさんの不倫問題、スマップ分裂危機問題、清原選手麻薬問題などなど。で、今は「育休宣言議員」として知られる宮崎謙介さんの不倫が話題になっています。

ところで、政治家の不倫。他の国では、どんな感じなのでしょうか?

アメリカ、「不倫大統領=偉大な大統領?」

アメリカでもっとも有名な「不倫ヒストリー」は、ジョン・ケネディー大統領とマリリン・モンローさんでしょう。しかも、マリリン・モンローさんは、ケネディー大統領の弟ロバート・ケネディーさん(司法長官)とも不倫していたとか。

もう1人、比較的記憶に新しいのは、クリントン大統領とモニカ・ルインスキーさんの不倫でしょう。当時、クリントンさんの言葉、「不適切な関係」が流行語になりました。

ケネディーさんとクリントンさん。この2人は、ともに「不倫」で有名です。しかし、面白いことに、2人ともアメリカでは「偉大な大統領」と認識されている。

クイニピアック大学が2014年に発表した「戦後最良の大統領ランキング」で、クリントンさんは、18%で2位。ケネディーさんは、15%で3位。ちなみに1位は、冷戦を勝利に導いたレーガンさん(35%)でした。

クリントンさんはその任期中、「IT革命」でアメリカを空前の繁栄に導いた。ケネディーさんは、「キューバ危機」を乗り切った。というわけで、「私生活の問題よりも実績が評価されたのでしょう。

イギリス、王族が不倫する

次、イギリスを見てみましょう。この国は、政治家より「王族の不倫」が有名です。一番有名なのは、「エドワード8世」の不倫でしょう。この方は、離婚歴のある人妻アメリカ人・シンプソン夫人と不倫関係になりました。

エドワード8世は1936年、独身のまま即位。しかし、シンプソンさんと結婚するために、王位を捨てています。シンプソンさんは離婚し、エドワード8世は王様を辞め、2人は、1937年に結婚しました。当然のことながら、イギリス王室に冷遇しつづけられた2人。はたして幸せになれたのでしょうか?

もう1人有名なのは、チャールズ王太子の不倫でしょう。1981年、美人のダイアナさんと結婚したチャールズさん。結婚前につきあっていたカミラさんと、実は別れていなかった。結果、不倫関係になってしまいます。これが問題で、1996年チャールズさんとダイアナさんは離婚。そして、チャールズさんは05年、カミラさんと再婚しています。最初から好きな女性と結婚しておけば、チャールズさんもカミラさんも幸せ。ダイアナさんは死ななくて済んだのかなと思うと、残念です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 「定年を前に、住宅ローンが…」そんな悩みを解決する画期的方法とは
    「定年を前に、住宅ローンが…」そんな悩みを解決する画期的方法とは
    (SBIエステートファイナンス)
  • 「育休不倫」を超えていた。世界の政治家ビックリ不倫事情
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい