「儲かる」「痩せる」にダマされるな。消費者庁が警告するサプリ急増

shutterstock_247028062
 

よくある「知り合いに売れば必ず儲かる」「飲んだら痩せます!」と謳うサプリメント商法。無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』では、マルチ商法からダイエット系まで、近頃起こったサプリメントの信用性を根底から揺るがした2つの「事件」を紹介しています。

サプリメントは信用できない?

このところ、サプリメントに対する信頼性を揺るがす事件が立て続けに起きています。サプリメント好きな私としては見逃すことができないので、取り上げてみました。

サプリメントを使ったマルチ商法

消費者庁は、いわゆる「マルチ商法」でサプリメントなどを販売する会社「ナチュラリープラス」に対し、特定商取引法違反だとして一部の業務を停止するよう命じました。

それによりますと、会員約18万人を数える株式会社「ナチュラリープラス」は、去年8月までの1年間で約217億円を売り上げているのだそうですが、実際には効能のないサプリメントと清涼飲料水を、「どんな病気でも良くなる」などとウソの説明をして販売していたということです。

また、「必ずもうかる」などと言って新たな会員を勧誘していたが、実際には、販売資格がある会員の約4%しか利益を得られていなかったそうです。

消費者庁は、9か月間、新規会員の勧誘・契約を停止した上で、商品に病気を治す効能がないことを、購入者に通知するよう命じました。

誇大広告:痩せるサプリ

これは、消費者庁が痩せるとうたってサプリメントを販売していた会社に対し、再発防止などを求めたというものです。

問題のサプリメントは埼玉県の合同会社アサヒ食品が販売した「スリムオーガニック」と称したサプリメントだそうで、「わずか4週間で-7.2キロ!」などと、飲むだけで簡単に痩せられるかのような表示をしていました。

しかし、アサヒ食品は痩せる効果について合理的な根拠を示さなかったため、消費者庁は、景品表示法に基づいて再発防止などを求める措置命令を行った訳です。

ちなみにこの「スリムオーガニック」は約2,100万円の売り上げがあり、消費者庁などには下痢や胃が痛いといった体調不良の訴えも寄せられていたということで、悪質ですね。

サプリメントを愛する皆様、充分にお気を付けください。

image by: Shutterstock

print

Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報
こっそり、目からウロコの情報をお教えします。世界の医学誌からの信頼情報のみです。専門家も知らない情報を先取りして、健康維持に。
<<登録はこちら>>

  • 「儲かる」「痩せる」にダマされるな。消費者庁が警告するサプリ急増
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け