北朝鮮は核兵器を小型化している。日本は笑って見過ごせるのか

shutterstock_550594834
 

「ハリボテ」「見世物」などとメディアでたびたび揶揄されている北朝鮮の弾道ミサイル。しかし、静岡県立大学グローバル地域センター特任助教の西恭之さんはメルマガ『NEWSを疑え!』で、「北朝鮮は核弾頭の小型化に成功している」という情報はおそらく事実であり、このことを軽視してはならないと強く呼びかけています。

北朝鮮は核兵器を小型化している

 北朝鮮の金正恩第1書記は3月9日、「核融合反応を即発させることのできる核弾頭を小型化し、弾道ミサイルに合わせて標準化しており、これは真の核抑止力といってよい」と、国営メディアを通じて主張した。

9日付の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は、金正恩氏が核兵器研究部門を現地指導したとして、核弾頭の模型のような物体や、米本土に届く射程を目指して開発中の移動式大陸間弾道ミサイル(ICBM)「KN08」の二つのタイプと撮影した写真を掲載した。朝鮮中央テレビは、日本に届く準中距離弾道ミサイル「ノドン」(ペイロード600キログラムの場合、射程1100キロ)の映像も放送した。

 北朝鮮の主張に対し、韓国国防部は9日、「小型化された核弾頭とKN08の実戦能力は確保できていない」との見方を示した。

しかしながら、「核融合反応」と、ICBMの弾頭を保護するため必要なのに試射さえしていない再突入体はさておき、弾道ミサイルに合わせた核弾頭の小型化は実現していると考えたほうがよい。

米国や韓国の専門家の間では、北朝鮮に核弾頭をそれほど小型化する能力はないという見方も少なくない。この見方には、核兵器を新たに保有する国が製造する核爆発装置は、米国が長崎に投下した「ファットマン」(重量4.67トン、全長3.3メートル、直径1.5メートル)ほどの巨大なもので、それを徐々に小型化・兵器化していくものだ、という前提がある。

しかしながら、核技術が拡散するにつれて核兵器開発国が新たに保有(または設計)する核兵器は、最初の段階から過去のものより小型化している現実が見過ごされている。北朝鮮の核開発も、前提そのものを改めて検証する必要があるのだ。

print
いま読まれてます

 

NEWSを疑え!』より一部抜粋

著者/小川和久
地方新聞記者、週刊誌記者などを経て、日本初の軍事アナリストとして独立。国家安全保障に関する官邸機能強化会議議員、、内閣官房危機管理研究会主査などを歴任。一流ビジネスマンとして世界を相手に勝とうとすれば、メルマガが扱っている分野は外せない。
≪無料サンプルはこちら≫

  • 北朝鮮は核兵器を小型化している。日本は笑って見過ごせるのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け