アメリカは常に正義なのか。核兵器開発の濡れ衣でイランを叩いた理由

2016.06.03
9
by yomeronpou
shutterstock_299254025 copy
 

2003年、イラクのフセイン政権を倒し、さらにその隣国イランに対しても「核兵器開発疑惑」を盾に厳しい経済制裁を科したアメリカをはじめとする欧米諸国。経済制裁自体は歴史的な核交渉合意を経て解除されましたが、そもそもイランは核兵器開発など計画しておらず、すべてがアメリカによる「でっち上げ」という情報すら流れています。そこには、どのような政治的な意図があったのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんが複雑怪奇な各国の思惑を詳しく解説しています。

アメリカ、ロシア、サウジ、イラン関係の真実

読者の誠神大和さまから、ご質問をいただきました。

日高義樹氏の御著書『トランプが日米関係を壊す』(徳間書店)に「国際社会に緊張を与えているプーチンと、核兵器の開発をやめないイランの過激派政府を倒すためにアメリカとサウジアラビアが手を結び、石油の安値攻撃を始めている」と書かれています。

 

「2015年2月10日に米国家情報局のジェームス・クラッパー長官は、アメリカ議会の情報関係者に対して、イラン政府が核兵器の開発製造をあきらめた徴候はったく見られないとつたえた。」とも書かれています。

 

一つ目の質問は、そもそもイランの「核兵器製造計画」は米国のイランに対するイチャモンだったと記憶していますが、実際のところはどうなっているのでしょうか。

 

二つ目の質問は、米国とサウジアラビアの関係は険悪なのに、ロシアのプーチンを叩くために手を結ぶことなどできるのでしょうかという点です。

 

よろしくお願い申し上げます。すめらぎ弥栄!

一つずつ見ていきましょう。

print

  • アメリカは常に正義なのか。核兵器開発の濡れ衣でイランを叩いた理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け