保育所付きマンションを「築4年」の中古で買ってはいけない深い理由

shutterstock_221470726
 

戸数が100戸以上の大型マンションは、駅から近かったり管理費が安かったりとメリットも多いのですが、中でも最近人気なのが保育園併設型。しかし、無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者・廣田信子さんは、そこに大きな落とし穴があると注意を促しています。

保育園があるはずが…

こんにちは! 廣田信子です。

先日、取材で、「施設が充実していることが売りの大型マンションを中古で購入するときの注意点は…」と聞かれました。

取材の趣旨は、ミニ店舗やフィットネスクラブやスパのような施設があると、運営のための経費が掛かり、管理費が値上げになることがあるから、気をつけなくて買わないとダメ話を具体的に聞きたい…と。

う~ん。

当初は、売り手であるディベロッパーが運営費用の一部を負担していたけど、それがなくなると施設利用料が値上げになったり、将来の改修費用をみていなくて修繕積立金が値上げになることは考えられ、意見が割れて合意形成が大変ということはあるけど、管理費が上がるということは私はあまり聞いたことはないです…いうと、「どうしてですか~」と。

例えばミニ店舗、運営に費用が掛かり過ぎるとなったら管理費を上げてまで運営を続けることはあまりなく、総会で、ミニ店舗をやめようという方向に決議されることが多いですから。

カフェやフィットネスクラブのようなものは、運営会社を入れ替えて利用率を上げる等の努力をしていくでしょうし…。

今の大型マンションの理事会は、経営感覚があってそういうことにシビアですから、管理費を上げるというより、経費を絞る収益を上げるという方向にいくので、それによって管理費が値上げになる…ということはあまりないのでは。

収益を上げるために、利用者をマンション居住者に限定でなく外部者も利用できるようにするかどうかで意見が分かれることはありますが…。

あっ、でも、逆に、あると思っていたものが途中でなくなるということはあるので、そこは注意が必要かな~というと、「え、どういうことですか」。

ミニ店舗などは、こんなにコンビニがあふれてネット通販で何でも買える時代なので、廃止されても、そんなに居住者に大きな影響はないでしょうが…(実際に廃止になったところも多いです)、一番、気を付けてほしいのは、保育施設があります…という売りに惹かれて購入することです。

これは、途中でなくなってしまうこともあり、それは、もう、共働き家庭にとって死活問題なので、そこは気を付けて下さいね…と。

「なんで、なくなっちゃうんですか」

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 保育所付きマンションを「築4年」の中古で買ってはいけない深い理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい