世界一貧しい大統領は元・テロリスト? ホセ・ムヒカ氏の数奇な半生

15618578946_0d8d7c67da_o copy
 

「世界一貧しい大統領」として数々の著者が出版され、世界中で絶賛される南米ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカ氏。彼が「元テロリスト」だと聞いたら、みなさんは信じられるでしょうか?メルマガ『NEWSを疑え!』の著者で軍事アナリストの小川和久さんが、ホセ・ムヒカ氏が成功できた理由と、ISなど現代のテロリストたちが将来的に英雄視される可能性という難しい問題についても言及しています。

「テロリスト」は「真人間」になれるか?

国際変動研究所理事長 軍事アナリスト 小川和久

Q:2016年4月上旬、「世界で一番貧しい大統領」こと南米ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領が来日しました。1960年代に極左都市ゲリラツパマロス」に加わっていた彼は、見方によっては「元テロリスト」ともいえるわけでしょう。小川さんの考えを聞かせてください。

小川:「ホセ・ムヒカ氏はウルグアイの政治家で、2009年11月にウルグアイ大統領選挙に当選。2010年3月~15年2月まで第40代大統領を務めました。ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダノ(Jose Alberto Mujica Cordano)というのがフルネームで、『エル・ペペ』(ぺぺはホセの愛称。エルは定冠詞)と呼ばれ、国民から敬愛されている人物です」

大統領として受け取る給与の多くを財団に寄付し、月1000ドル余りで生活していたことから、『世界で最も貧しい大統領』のあだ名がつきました。もっとも本人は、別に貧しいわけではなく充分な暮らしをしている、ただ質素なだけだ、という意味のことをいっています」

「実際、めぼしい財産はよく知られた愛車のフォルクスワーゲン(ビートル)、自宅、農地、トラクターくらいのようです。そのポンコツ愛車を100万ドルで買いたいとアラブの富豪が申し出たら『友人たちからもらったものだから』と断ったそうです」

「ホセ・ムヒカ氏のことは、ここ数年テレビなどでしばしば報じられ、今回の初来日でも広島や京都訪問、大学での講演、出版サイン会など精力的な活動が話題になりました。いくつかの報道は都市ゲリラの経歴に触れていましたが、紹介の多くは国民に親しまれる清貧大統領というものだったようです。しかし、国際政治と安全保障の世界にいる私から見ると彼の生き方はあれこれ考えさせられます。舛添要一都知事を批判するとき引き合いに出すだけでなくてね(笑)。今回は、そんな話をしましょう」

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 世界一貧しい大統領は元・テロリスト? ホセ・ムヒカ氏の数奇な半生
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい