閉店の嵐。なぜクリスピー・クリーム・ドーナツは日本に負けたのか?

 

日本人の味覚に合わせるべき??

クリスピーはジレンマを抱えています。クリスピーの売りは「アメリカ発祥のオリジナルレシピによるドーナツ」にあります。しかし、その売りが日本人に受け入れられているとはいえません。一方で、日本人の味覚にあったドーナツの開発は根幹を揺るがすことにつながります。安易に日本人の味覚に合ったドーナツを販売できないというジレンマがあります。

クリスピーはこのジレンマを解消し、新機軸を打ち出すことができるのでしょうか。事業を立て直して再出発を図るためには、何よりも先にドーナツの「味」の立て直しが必要といえそうです。

 

店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業
著者/佐藤昌司
東京MXテレビ『バラいろダンディ』に出演、東洋経済オンライン『マクドナルドができていない「基本中の基本」』を寄稿、テレビ東京『たけしのニッポンのミカタ!スペシャル「並ぶ場所にはワケがある!行列からニッポンが見えるSP」』を監修した、店舗経営コンサルタント・佐藤昌司が発行するメルマガです。店舗経営や商売、ビジネスなどに役立つ情報を配信しています。
<<登録はこちら>>

print
いま読まれてます

  • 閉店の嵐。なぜクリスピー・クリーム・ドーナツは日本に負けたのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け