独メルケル首相の「不都合な行動」が、ドイツとEUを滅ぼしつつある

shutterstock_404580466
 

未だ記憶に新しい、イギリスのEU離脱決定の衝撃。「EU存続の危機説」まで囁かれましたが、もしもその中心国・ドイツの首相が共産主義者で、しかもEUを滅ぼすという野望を持っているとしたら…。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんが、メルケル氏の言動と識者の著作を引きながら、真相究明を試みています。

メルケルがドイツとEUを滅ぼす

皆さん、もう思い出すこともあまりないかもしれませんが。欧州では、「大量難民危機」が続いています。2015年、欧州には、シリア、イラク、アフガニスタン、リビアなどから150万人(!)の難民がやってきた。そのうち、110万人が、EU最大の経済大国ドイツに入りました。

皆さんどうですか? ドイツの人口は、日本の約3分の2。つまり、日本でいえば、「1年間に165万人の難民が押しよせてきた」という感覚。

難民は、戦火を逃れてきた人たちでかわいそう。もちろん、受入国は衣食住を提供しなければならないでしょう。当然のことです。しかし、「難民」とは、私たちがイメージする、「お年寄り」「小さな子供たち」「乳飲み子を抱える母親」ばかりではありません。中には、「若くて元気な男」もいるし、「イスラム国」(ISのメンバーもたくさんいる

ちなみに、ドイツに去年入った難民のうち、なんと13万人が行方不明(!)なったそうです。彼らは、保証された食事を捨て去り、どこに潜伏しているのでしょうか? 「ISと関係あるのではないか?」と、普通は考えますが…。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 独メルケル首相の「不都合な行動」が、ドイツとEUを滅ぼしつつある
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け