松下幸之助は知っている。中小企業を変貌させる、たった1つのスイッチ

Konosuke_Matsushita_01 (1) copy
 

松下幸之助さんや本田宗一郎さんなど、誰もが知る成功者には不思議と共通する経営理念があるようです。言い換えれば、その共通する理念こそが「経営を成功させるコツ」と言えるのではないでしょうか。その「コツ」について、無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』の著者・浅井良一さんがまとめて解説してくださっています。

社員が経営の強みの源泉

星野リゾートの星野佳路さんは独特な感性で次々にリゾート施設の再生を実現させているのですが、経営判断を行うについて「社長の私に聞いたところで、お客様と接する機会が非常に少ないわけですから、正しい判断ができるとは思えません」ときっぱりと言い切っています。「足元を見よ」と最前線の社員の意見を重視する方針をとっています。

これを、松下幸之助さんは衆知を集めた全員経営」と標榜し「なすべきことをなす勇気と、人の声に私心なく耳を傾ける謙虚さがあれば、知恵はこんこんと湧き出てくるものです」と述べています。京セラのアメーバ経営では、最初に事業の立ち上げを承認したら意思決定から実行に至るまで事業単位アメーバにすべての権限移譲を行っています。

トヨタが強いのは現場主義が徹底されているからで、現場から知恵が湧き上がるように経営者があらゆる方策を活用してつくり上げたからです。トヨタだけでなく優良企業に共通して見られる賢さは、現場の知恵の尊重などという当たり前の通念を通り越して信念として実行しているからです。アメリカのGEも、まったく同じ経営スタイルで成果をもたらしています。

このGEの元会長で20世紀最強の経営者と言われたジャック・ウェルチは企業経営の究極の目標は企業文化風土)」の確立であると言います。その企業文化が浸透していれば「何の目的」で「何を目標」にして「何を成すべきか」が暗黙知として共有され、当然にして協力しながらあるべき方向にむかって成果活動を行うと考えるからです。

print

  • 松下幸之助は知っている。中小企業を変貌させる、たった1つのスイッチ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け