初体験は早すぎても遅すぎても身体に悪い事が判明―米コロンビア大学

shutterstock_100932283
 

早すぎる「初体験」はその貧しい性的知識ゆえ、「性感染症」に罹患するリスクが高いという説はかねてから唱えられていましたが、初体験の年齢が遅すぎても「性的健康」に問題が生じやすいという事実が明らかになりました。無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』が、コロンビア大学のチームによる研究結果を紹介しています。

初体験:早すぎても遅すぎてもダメ

夏休みになると毎年決まって話題となるのが、青少年のセックスと性感染症です。特に最近、性感染症に罹る若者の数が増えていますが、性に関するモラルの低下、或いは若年化によるものであり、早期の性教育の重要性が叫ばれている理由になっています。性的知識がないままに初体験をしてしまうのが原因というわけです。

そのため性教育では、もっと肉体的に、また精神的に成熟してから体験するようにと薦めるのが常となっているようです。

ところが、セックスを始める時期が早すぎても、或いは逆に遅すぎてもその後の人生に於ける性的健康にリスクが起こりやすいそうです。これは、コロンビア大学のTheo G.M. Sandfort博士のチームが、米国公衆衛生医学誌American Journal of Public Health誌に報告したものです(American Journal of Public Health)。

Long-Term Health Correlates of Timing of Sexual Debut: Results From a National US Study

研究は1996年以来行われてきたもので、8,000人以上の成人を対象とした調査です。この調査結果によると、最初に性体験する年齢は男女とも平均17~18歳でした。そこで、この研究では14歳以前を早期体験者、22歳以後を後期体験者と定義し、それぞれの群での性感染症、或いは性的不能などの性関連の疾病の比較を行いました。その結果、早期体験者では性感染症STDになるリスクが高いことが確認されました。

一方、後期体験者では性機能に問題が生ずるリスクが明らかになりました。オーガスムに達しなったり、勃起出来なくなったりするなどの問題が生じやすくなるそうです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 初体験は早すぎても遅すぎても身体に悪い事が判明―米コロンビア大学
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい