犬猿のトルコとロシアが電撃和解せざるを得なかった「大人の事情」

kitano20160817
 

8月9日、ロシアのサンクトペテルブルクを訪れたトルコのエルドアン大統領はプーチン大統領と会談、昨年のロシア機撃墜事件で最悪となっていた両国関係を修復することで一致し、事実上の和解を果たしました。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、この裏にはロシア・トルコ両国の「やむにやまれぬ事情」があると分析しています。

プーチンとエルドアンはなぜ和解したのか?

少し前になりますが、ロシアのサンクトペテルブルグに、トルコのエルドアン大統領がやってきました。もちろん、「プーチンに会うため」です。

ロシアとトルコの関係は、トルコ軍が昨年11月、ロシア軍機を撃墜したことで、最悪になっていた。ところが今回の訪問で、一転「仲直り」となりました。

ロシアとトルコ、関係修復で一致 撃墜後初めて首脳会談

AFP=時事8月10日(水)12時19分配信

 

【AFP=時事】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領とトルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は9日、サンクトペテルブルク(Saint Petersburg)で会談した。

 

昨年11月のトルコ軍によるロシア軍機の撃墜後、両首脳が直接会談したのは初めてで、撃墜を機に悪化した両国関係を修復することで一致した。

なぜ、和解???

協力と対立、複雑だったロシア、トルコ関係

ロシアとトルコの関係は、複雑でした。両国は、特に「シリア問題」で対立しています。

ロシアは、シリアの反欧米・親ロアサド政権を支持、支援している。アサド政権を助けるために、ISや反アサド派をバンバン空爆していました(今もしている)。一方、トルコは、欧米やサウジアラビアなどと共に、反アサド。ここで、ロシアとトルコは対立している。

しかし、去年まで、両国関係はそれほど悪くありませんでした。ロシア人にとってトルコといえば、観光」です。ロシア人は、自国のリゾート(たとえばオリンピックがあったソチなど)より、「安くてサービスの質がいい」ということで、トルコに行くことを好んでいました。私も、トルコのリゾート都市アンタルヤに行ったことがあります。どこを見てもロシア人だらけでした。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 犬猿のトルコとロシアが電撃和解せざるを得なかった「大人の事情」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け