糖質制限中だけどワインが飲みたい…。赤と白、どっちなら大丈夫?

shutterstock_369670604 copy
 

最近、「糖質オフ」などと書かれたビールをよく見かけるようになりました。病気でなくても健やかな毎日を過ごすために、日頃飲んでいるお酒の「糖質」について知っておきたいですよね。今回の『糖尿病・ダイエットに!ドクター江部の糖質オフ!健康ライフ』では、著者で糖質制限の提唱者としても知られる医師の江部康二先生が「ワイン」の糖質についてわかりやすく解説して下さいました。

ワインの糖質考察

ワインに比較的多く含まれている、グリセリン有機酸について考えてみます。

一般にグリセリンはアルコールとして分類されてます。

では、アルコールは炭水化物として分類されているのでしょうか?

五訂日本食品標準成分表では、アルコールは欄外に炭水化物からの除外物質として、カフェインなどと共に表記されています。(*)

即ちグリセリン(アルコール)は、炭水化物からの除外物質として、五訂日本食品標準成分表では炭水化物にはカウントされずアルコールとして分類されている可能性があります。

次に有機酸について考えてみます。

ワインに含まれる有機酸には、クエン酸、酒石酸、リンゴ酸、コハク酸、乳酸、酢酸、などがあります。

五訂日本食品標準成分表では、窒素を測定してタンパク質成分と計算するので、アミノ酸はタンパク質として計算されていることになります。

一方、有機酸には窒素は含まれていないので、タンパク質成分には属しません。

また有機酸は、ワインに含まれていて水に溶けるので、脂質にも分類されません。

そうすると、有機酸は「水分、たんぱく質、脂質及び灰分」には分類されないので、残り物として炭水化物に分類されることになります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 糖質制限中だけどワインが飲みたい…。赤と白、どっちなら大丈夫?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい