名古屋メシとスマホは、同じ原理でできている

 

名古屋メシの製品としての特長

名古屋メシの代表格「味噌煮込みうどん 山本屋 大久手店」さんに、打ち合わせでおじゃました。

名古屋メシといえば、ハッキリとした味。その中でも、味噌が有名。

まずいただいたのは、串カツに味噌をかけたもの、いわゆる味噌カツだ。次は、どて煮。名古屋以外の他の地域では、これを味噌おでんと言うんだろう。味噌で、グツグツ煮込んであり、モツが特においしい。夏の暑い日だったが、熱々の味噌煮込みうどんもいただいた。セトモノの小さい鍋のような入れ物に入って出てくる。

山本屋大久手店のこだわり

やはり名古屋メシは美味しい。特に、こちらのお店は数ある味噌煮込みうどん店の中でも、「手作り」にこだわっている。したがって、麺も手打ちだし、味噌そのものにもこだわっている。

印象的だったのが、若大将のひとこと。「うちはトヨタ自動車と同じです粉や味噌をうちの中で加工し、組み立てるんです」とのことだった。

素材にこだわり、仕入れ先としっかりと納得し合ったうえで仕入れる。信頼関係のたまものなのだ。ポリシーとして、冷やし味噌うどんはやらないとのこと。こういう伝統を守る姿勢が美味しさを伝承し長く愛されるブランドになる

暑い時にこそ、熱々の味噌煮込みうどんが美味しい。夏と冬が忙しくなる、とおっしゃるのもうなずける。また来たくなる店だった。

print

  • 名古屋メシとスマホは、同じ原理でできている
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け