店を繁盛させたいならフェラーリにあってトヨタにないものを考えよう

shutterstock_318861104
 

行列のできる店と、できない店の違いはどこにあるのでしょうか? 例えば飲食店なら、その答えは味以外の、もっと単純で意外に見落としがちなところにあるようです。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、フェラーリを例に上げこの謎をわかりやすく解説してくださいました。

フェラーリから学ぶ差別化の手法

行列ができる店と行列ができない店の間にはどのような違いがあるのか。様々な要因が考えられますが、一言で結論づけるとどうなるのでしょうか。結論から述べます。それは「差別化」です。

行列店に共通している特徴は何かを考えてみると、それは、他にはない差別化された何かがあると結論づけることができます。行列ができない店は差別化されていないので、その他大勢の中に埋もれてしまっている状態となってしまっています。

その他大勢の中に埋もれてしまう状態を経済学でいうと、完全競争の状態にあるといいます。完全競争とは、市場に需要者と供給者が多数存在し、市場の需給が一致するところに価格が落ち着き、供給者側で価格を決定できない経済状態のことをいいます。

完全競争状態は市場としては好ましい状態ですが、供給者からすると、需要者に購買の意思決定を完全に委ねなければならないので、利益を創出できないという、企業としては問題のある状態といえます。

この完全競争から抜け出すためには、差別化以外に方法はありません。差別化することができれば完全競争から抜け出すことができ、独占企業へ近づくことができます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • 店を繁盛させたいならフェラーリにあってトヨタにないものを考えよう
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい