未来の日本を大胆予想。自動運転が現実なら都心の駐車場が消える?

shutterstock_367862984 copy
 

日産自動車の新しいセレナ(SERENA)が同一車線自動運転技術を搭載するなど、映画の世界と思われていた「自動運転」が現実の物になる日もそう遠くはないようです。そこで、メルマガ『異種会議:戦争からバグパイプ~ギャルまで』の著者、加藤健二郎さんが、「もし、自動運転が現実になったら世の中はどう変わるのか?」というテーマで予想を展開。あなたは、当たると思いますか?

自動運転と街づくり

自動車が自動(無人)運転になったら、ドライバーが休める、などという当たり前すぎることは、ネタとしておもしろみがない。そこで、自動車が自動運転になったら、都心部の駐車場のかなり多くが不要になる、という話になった。

というのは、目的地に着いたドライバーたちは車から降りると同時に、車を「そのへんを走ってろ」というプログラムにして放置しておけば勝手に自動運転でそのへんの道をくるくる回っているわけだから。で、用件が終わったら、都合の良い場所に呼び戻せばいい。

今の都心部の価格なら、燃料代の方が駐車場代より安いであろう。それよりも大きなメリットは駐車場を探す必要がない目的地から離れた駐車場を徒歩で往復する必要がない。

この話を技術的な論点や法的な論点、交通渋滞などの論点から話すとすべてがそこでストップしておもしろくないので、そういう現実論はなしにして、「自動運転」という新しい技術システムによって、どこまで世の中が大きく変わる可能性があるのかという夢想なお話へ、ということになった。どうせまだ、現実ではないんだし・・。

駐車場の大幅削減、つまり、駐車場に停まってる車が激減する。ということは、世界で必要とされる車の数も大激減することになる。なぜかというと、世界に存在する車の9割近くかそれ以上は、駐車場に置いてある車であって、走っている車は常に1割以下ということらしいから。

駐車場に置いてある車を「不良在庫」と考えると、自動車社会というのは、恐ろしくバカバカしい比率の不良在庫を抱えていることになる。トヨタの「必要なときに必要なだけの量を持つべし、不良在庫を持つな、の経営精神には真向から反する。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • 未来の日本を大胆予想。自動運転が現実なら都心の駐車場が消える?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい