現地に住む日本人社長が「まだまだNYは危ない街」を否定する理由

shutterstock_485062126 copy
 

9月17日にニューヨークで発生した爆破テロ事件、犯人としてアフガニスタン出身の男が身柄を拘束されました。米国の邦字紙「WEEKLY Biz」CEO 兼発行人でメルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者である髙橋克明さんは、今回の事件直後に、日本の知人から送られた「まだまだNYは怖いですね」というメッセージを紹介。16年前の9.11同時多発テロを例に出して、日本人のイメージだけで「NYは危険な街」と決めつけて敬遠する傾向に疑問を投げかけています。

NY爆破報道を見られた日本の人たちに、この街に住んでいる僕が伝えたいこと

朝、目が覚めてから、つまりは事件が発生してから12時間くらい経ってから、知りました。

ベッドで、友人、知人、家族からのSNSやLINE等で、ガンガンメッセージが入ってきて。 (そっちの方が驚いたw )

日本で報道され、ニュースを見た方々からのご心配メッセージでした。

「米ニューヨーク・マンハッタン南西部のチェルシー地区の路上で17日午後8時半(日本時間18日午前9時半)頃、爆発が起き、1人が重傷を負うなど計29人がけがをした。 なおニューヨークの日本総領事館は「日本人が被害に遭ったとの情報はない」とする一方、在留邦人や旅行者らに注意を呼びかけている」

これを書いてる時点で、まだ詳しいことはわかっていないため、テロと断定するわけにはいかないけれど、なんらかの人為的爆発であることは疑いないようです。って、ことは、「有名テロ組織」が関わっているかどうかは別として、犯人が一般人だとしても「テロ行為」であることは間違いありません。

場所は、自宅から直線距離で3キロ。 従来の街の感覚で言えば、かなり近い距離、と言えるかもしれません。これが東京だと3キロなら「同じ新宿内」であり「同じ渋谷内」なので、もっとシリアスになれたかもしれません。

そういった意味では、このニューヨークのマンハッタンという街は、世界でも異例かと思います。 麻痺しやすい。 日本の方が思うよりあまりに狭く、距離感にしては麻痺しがちになる。 3キロの中には、有名機関、有名企業の本社ビル、数えきれないほどの各国大使館があるので、自宅近くの【国連】や【ユダヤ人学校】【オプスデイ教会】が「狙われたわけじゃない」と「間違った安心感」を得やすいかもしれません。

ともあれ、たくさんのご心配メッセージありがとうございました。 とても嬉しく感じました。

でも、メッセージの中には「やっぱりニューヨーク怖いですね春の旅行、キャンセルしようと思ってます」と書かれている方もいらっしゃいました。

すべてのメッセージに返信できる時間がなかったにも関わらず、その男性にだけは慌てて返信しました「キャンセルはしないでください。 大丈夫なので!」と。

大丈夫!と言い切れる根拠はありません。 なので、キャンセルをキャンセルさせるのが正しいのか100%はわからない。

でも、ぼくたちニューヨークに住んでいる人間がいちばん怖いのはむやみに怖がって、この街を敬遠されること」なんです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 現地に住む日本人社長が「まだまだNYは危ない街」を否定する理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい