中国が仕掛ける「トランプ氏」懐柔工作。日本は太刀打ちできるのか?

shutterstock_796346002
 

トランプ氏の米大統領選勝利を受け、日米関係も大きく変わろうとしていますが、それは米中関係とて同様です。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では、著者の北野幸伯さんが、現在の米中の微妙な関係と中国サイドの思惑を分析、さらに日本が今後アメリカとの良好な関係を維持するためのポイントについても考察しています。

トランプと習近平が電話会談

トランプさんと習近平さんが電話で会談したそうです。何を話したのか?

習氏、トランプ氏と電話会談「協力こそ唯一正しい選択」

朝日新聞デジタル11/14(月)19:42配信

 

中国の習近平(シーチンピン)国家主席は14日、米国のトランプ次期大統領と初めて電話会談した。国営新華社通信が明らかにした。

 

習氏は「協力こそ両国の唯一の正しい選択」と述べ、トランプ氏も「米中両国はウィンウィンを実現できる」と応じた。

 

両氏は早い時期に会い、両国間の問題について話し合うことでも一致した。

もう少し具体的に見てみましょう。

習氏は米大統領選での当選に祝意を述べた上で、両国の協力には重要なチャンスと巨大な潜在力があると指摘。「中米関係をきわめて重視しており、米国側とともに関係推進に努力したい」と呼びかけた。

 

また、「双方が協調を強め、各分野での交流や協力を広げていきたい」と訴えた。
(同上)

これが中国の偉いところですね。中国は、心の中でどう思っているかは知りませんが、「アメリカと仲良くしたい!」というメッセージは一貫しています。ヒラリーさんを含む政治家、マスコミ、教授などにも金をばらまき、しっかり取り込んでいる

トランプさんは、どう応じたのでしょうか?

新華社によると、トランプ氏は「習氏の米中関係の見方に賛同する」とし、「中国は偉大で重要な国家だ。あなたと一緒に米中両国の協力を強化したい。関係がさらに発展できると信じている」と述べたという。トランプ氏側は会談内容を明らかにしていない。
(同上)

中国は偉大で重要な国家だ。あなたと一緒に米中両国の協力を強化したい。関係がさらに発展できると信じている」だそうです。トランプさん、選挙戦中は結構中国を批判していましたが。

トランプ氏は大統領選で中国が輸出を有利にするため、人民元安に誘導しているとし、中国を「為替操作国」に認定すると公約。中国では、中国製品に高い関税を課すと主張してきたトランプ氏の保護主義的な姿勢に警戒感が広がっているが、両氏の初会談では、まずは協力という原則論を確認したとみられる。(北京=西村大輔)
(同上)

トランプさん、勝利後の言動を見ていると、過激さは全然なくなっています

print
いま読まれてます

  • 中国が仕掛ける「トランプ氏」懐柔工作。日本は太刀打ちできるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け