伸び悩む会社にありがちな「ちょっとくらいなら」の甘いワナ

2015.07.31
151
by よっすぃ~♪(まぐまぐ編集部)
shutterstock_195571118
 

戦略コンサルタントとして活動する、中久保浩平さんの無料メルマガ『ビジネス真実践』。今回は、会社への信頼が大きく揺らぐ原因にもなりかねない、「ちょっとくらいなら……」の意識について、警鐘を鳴らしています。あなたの会社は、大丈夫ですよね?

些細なことが……

ファッション雑貨を販売提供している会社がありました。

その会社は主に通販やイベント会場での出品により、収益を上げていました。

多くの顧客、取引先に恵まれ、毎月1回、ニュースレターを発行するなど、顧客や取引先へ情報提供も欠かさずに行っていました。

ですが、どことなく「抜けてる感」があったのです。

それはなにかというと、商品カタログやリーフレットなどがずさんだったのです。

自社で販促物の制作は全て行っていたのですが、誤字脱字が所々にあったり、ひどい場合は、商品の価格に「0」が1つ多く掲載されていて桁が違っていたり……と、なにせ適当だったのです。

社長にそのことを突っ込むと、「あれ?ほんとだ。間違ってますね。」とまるで他人事

「いやいや、“間違ってますね”じゃないですよ。チェックは誰がいつどういう状況で行っているんですか?」

と、すかさず突っ込むと、「いやぁ、最終確認は私がやってるんですけどね。参りましたな~。」と頭をかいて苦笑いしていました。

「社長、この販促物全て破棄して、1からやり直しましょう。そして、制作にあたっては、自社でやろうが業者に任せようが構いませんが、チェック機能は最低でも制作者以外の2人が出来る体制にしてください。」

「えっ、全部、捨てるんですか? まだこんなに残ってるんですよ。多少の誤字は気がついても許してくれるでしょう。チェックはこれからもっと厳しくしますから。」と印刷された、たくさんの販促物の束を持って私に見せました。

こういう意識でいることが、いかに恐ろしいことかが、社長はまるで分かっていません。

>>次ページ ちょっとくらい大丈夫、の意識が芽生えだすと……

印刷する

『ビジネス真実践』
当メルマガでは、常に営業・マーケティングの本質部分に迫ります。小手先のテクニックを求める方、向上心の無い方、行動力の無い方は、時間の無駄になってしまいますので、絶対に登録しないで下さい。
≪最新号はコチラ≫

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 伸び悩む会社にありがちな「ちょっとくらいなら」の甘いワナ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい