伸び悩む会社にありがちな「ちょっとくらいなら」の甘いワナ

2015.07.31
153
by よっすぃ~♪(まぐまぐ編集部)
 

「分かりました。いいですよ、そのままお客様に配布しても。その代わり、そういう所から信頼はどんどん落ちていきますよ。ちょっとくらい大丈夫、の意識が芽生えだすと、販促物だけではすまなくなりますよ。」

「どういうことですか?」

「たとえば、商品にほんの少し傷があったとして、お客様から返品があったとします。その時、社長はそのお客様に向かって“ちょっとの傷くらい問題ありませんよ”て言って、返品を拒否をし、そのまま販売するのと同じです。実際、そんなことしませんよね。でも、今の意識はそれとおなじことなんですよ。

もっと云うと、社長が“ちょっとくらいなら”って意識でいることは、スタッフも肌で感じ取るんです。“社長もあー言ってるんだから、ちょっとのことくらいいっか。”って。

そして、自分に都合の悪いことが起きれば平気で隠したり、クレームを簡単に処理したり、あるいは、手抜きを覚えたり、というような様々な悪い空気が蔓延してきますよ。そうなると、どんなことになるか分かるはずです。

確かにちょっとのことくらいだったら、お客様も取引先も見逃してくれたり、許してくれたりするかも知れません。でも、そんなことに甘えていたら、信頼なんてものは簡単に崩壊していきますよ。」

「確かに。お客様あっての商売、ビジネスですもんね。甘かったです。」

その後、販促物は、数時間かけてシュレッターに。

この会社が伸び悩んでいる根源は、こうした甘さにあると社長は改めて認識し、社内ルールに「ちょっとくらい、は禁句」という項目が加わりました。

「ちょっとくらいまっいっか。」「これくらいのことなら……」というようなこと、日々の業務でいくつもあるかもしれません。

ですが、そうした瞬間にどう向き合い、どう取り組むかで、手抜きを覚え成長を阻くんだり、サービスの質や商品の質をどんどんと悪化させていくか否かが、決まります。

手抜きを覚えたり、都合の悪いことを隠したりする社員が1人2人と増え、社内に蔓延すると、1人の「ちょっとのこと」がたくさん積りに積ってそのうち「ちょっとのこと」では済まされない事態になったり、取り返しのつかないことになるのです。

1人の「ちょっとくらいなら」という意識が、やがては大きな失敗や事故につながることだってあるのです。かつての雪印乳業ミートホープ吉兆などの事件がいい例です。

御社では「ちょっとくらいなら、まっ、いっか。」というような意識をなくすために、どんな工夫ができますか? またどんな取り組みを徹底すればよいと思いますか?

今日のまとめ

『ちょっとくらい。という意識が会社を崩壊させる。』
・「ちょっとのことくらいなら」という意識を排除するために出来ることや工夫をみんなで話し合ってみる。
・話し合ったことをまとめ、実践する。

image by: Shutterstock

print
いま読まれてます

『ビジネス真実践』
当メルマガでは、常に営業・マーケティングの本質部分に迫ります。小手先のテクニックを求める方、向上心の無い方、行動力の無い方は、時間の無駄になってしまいますので、絶対に登録しないで下さい。
≪最新号はコチラ≫

  • 伸び悩む会社にありがちな「ちょっとくらいなら」の甘いワナ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け