99%の失敗が生んだ成功。本田宗一郎「世界のホンダ」半生記

shutterstock_160644944
 

カリスマ社長として今も語り継がれるホンダの創業者・本田宗一郎さんですが、氏には一心同体とも言える盟友がいたことをご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、小さな町工場だった本田技研が「世界のホンダ」となるまでの道程を辿りながら、夢を追い続けた本田宗一郎さんと、副社長として彼を支え続けた藤沢武夫さんの固い絆の物語が紹介されています。

本田宗一郎と藤沢武夫の「夢追い人生」

昭和48(1973)年夏、本田技研工業社長・本田宗一郎が中国出張中に「本田社長藤沢副社長引退」との予期しないニュースが流れた。本田が帰国すると、羽田空港には報道陣が押しかけていた。迎えに出た西田専務は藤沢副社長の辞意を伝えた。

藤沢は創業25年を期に、後進が育ったことを見極め、またカリスマ社長・本田の限界を感じて、西田専務に「おれは今期限りでやめるよ。本田社長にそう伝えてくれ」と言っていたのである。

本田はすぐに藤沢の意図を了解し、「おれは藤沢武夫あっての社長だ。副社長がやめるなら、おれも一緒。辞めるよ」と西田に言った。羽田での記者会見では笑顔で「前々からやめるつもりで藤沢副社長と相談していた。それがたまたま外遊中にバレてしまっただけだ」と語った。

10月の株主総会で二人は正式に退任した。本田65歳藤沢61歳。世間ではまだまだ現役で通用する年齢だったことに加え、お互いに息子は会社に入れずに、後継者は本田技研が町工場時代に大学卒第一号で入社した生え抜き河島喜好45歳だったこともあって、「さわやかなバトンタッチ」とマスコミは賛辞を送った。

退任が決まった後のある会合で、本田は藤沢に言った。「まあまあだな」「そうまあまあさ」と藤沢。「幸せだったな」「本当に幸せでした。心からお礼を言います」「おれも礼を言うよ。良い人生だったな」。これで引退の話は終わった。

print
いま読まれてます

  • 99%の失敗が生んだ成功。本田宗一郎「世界のホンダ」半生記
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け