ヒット商品を作り出す魔法などない。成功者には「共通点」がある

2016.12.21
18
by まぐまぐ編集部
shutterstock_326909132
 

2016年のヒット商品ランキングが発表されました。毎年多くのヒット商品が登場する一方で、日の目を見ずに消えていった商品も無数に存在します。無料メルマガ『ビジネス真実践』の著者でマーケティング戦略コンサルタントの中久保浩平さんによると、数々の商品開発の現場を見てきた経験から「思い通りの結果を生み出している人たちには、ある共通点がある」とのこと。ヒット商品を生み出せる人たちが持つ「共通点」とは、いったい何なのでしょうか?

ヒット商品を出したい!繁盛したい!

2016年、今年も数々のヒット商品がランキング発表されました。ポケモンGOが1位、2位は大ヒット映画『君の名は。』、そして、3位にIQOS。個人的に面白いなぁと思ったのが、消費財として唯一ベスト10入りしたレノア本格消臭。

毎年このように必ずヒット商品が出てきます

ヒット商品は、大手企業の豊富な投資のもとに組まれた戦略によって出るものもあれば、そうではなく、小さなところから芽が出て広まっていったというものもあります。

ということで、どうせ新商品を開発するなら、必ずヒットする商品を! せっかく商売やるなら、そりゃ繁盛店にしたい! せっかく新しく仕入れるならお客さんにウケル商品を! 今の時流がこれだとすれば…次代はこれだ! などと思っている人も少なくないかも知れません。

いや、思っているだけでなく、過去には新しい事業を立ち上げたり、新商品や新サービスを開発しようと時間も人もお金もたくさん使い企画し、計画を立て、準備を進めて動き出した人もこれまでに私が関わってきた中でも少なからずいらっしゃいました。

実際、実行に移すこと自体に問題はありません。むしろチャンレジすることが素晴らしいことです。ですが、やはり問題はあるのです。

print

  • ヒット商品を作り出す魔法などない。成功者には「共通点」がある
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け