お金がなくても目の前にATM。郵便局の物販はコンビニを超えるか

tempo20161226
 

郵政民営化から来年で早くも10年。その間、郵便局は大きな変化を遂げていることをご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では、著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、最近郵便局が力を入れている「物販サービス」について詳しく紹介しながら、このサービスを利用する企業、消費者双方のメリットや今後の展開について考察しています。

日本郵便、物販売り場拡大で郵便局を千両箱に

こんにちは、佐藤昌司です。日本郵便の物販サービスが勢いを得ています。全国に点在する郵便局をコンビニのような販売拠点として捉え、郵便局での物の販売を強化しています。郵便局内での物販売り場が拡大しています。

日本郵便の子会社である郵便局物販サービスは、郵便局を通じて地域の名産品などを販売しています。郵政民営化により郵便局での物販が認められたため、平成19年に同社が設立されました。

郵便局が物販を行なっていることはあまり知られていません。郵便局のサービスに「頒布会」というものがあります。特定の月だけしか選べない旬の味覚の商品や通年で選べる商品などをカタログから選んで送ってもらえるサービスです。料金はゆうちょ銀行の口座から引き落とされます。

また、郵便局物販サービスや三越伊勢丹ホールティングスらが共同で設立したJP三越マーチャンダイジングは、郵便局のネットワークと三越伊勢丹の商品調達力を活かして、幅広い商材をカタログを通じて通信販売するサービスを提供しています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • お金がなくても目の前にATM。郵便局の物販はコンビニを超えるか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい