【書評】定年組に生きがいを。小説・老人を救う会費制ニセ会社

0331_ creater
 

定年後、それまでの「会社ありきのライフスタイル」を奪われ、空白感や寂寥感を抱くというリタイヤ組のお話はよく耳にします。無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長、柴田忠男さんが今回紹介してくださるのは、そんな男たちを主人公に据えた小説。「事実は小説より奇なり」などとも言われますが、こちらの小説は高齢化問題がクローズアップされる現代社会の大きなヒントとなってくれそうです。

51NV4J7wOBL

極楽カンパニー
原宏一・著 集英社

原宏一『極楽カンパニー』を読んだ。主人公は定年退職して3年、これからはのんびりとハッピーリタイヤメントを謳歌するつもりですよ、と公言した手前本音はいえないが、毎日が退屈で空白で寂しくてたまらない

会社と一心同体で生きてきた、日本株式会社の申し子みたいな男である。まだ壮年というべき60代に、会社勤めという心地よいライフスタイルを奪われた男は、なすすべもなく図書館や書店に通う。いわば、「会社勤めの様式美」を失ってしまった寂寥感空白感でいっぱいである。

わたしは50歳で会社勤めをやめて遊民に堕ちた(or上がった)から、主人公の気持ちは分からないわけではないが、切実感はぜんぜんない。だから、ちっとも主人公らの言動に共感を覚えないのだが、お話は面白い

彼は図書館で同じ境遇の男と意気投合し、絵空事馬鹿正直度外視という三つの企業理念をもつ、フェイク会社「株式会社ごっこ」を設立し、潰れかかった喫茶店をベースに、この知的ゲームを開始した。会社勤めの様式美そのままに、彼が会社人間だった当時さながら、働き蜂の日々が続く。妻が海外旅行中の創業(?)である。

同好の士、つまりは社員を募集したら、わずか数日で100人以上が押し寄せる。この会社は給料が出ないどころか会費制だ。社員は年金や小遣いの持ち出しで働く。会社のない毎日がどんなに辛く侘しいものか、そんな自分に周囲の人間がいかに無理解か、といった心の葛藤を持つ男達が集まってくる。

print

  • 【書評】定年組に生きがいを。小説・老人を救う会費制ニセ会社
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け