【稲荷町】ラーメン官僚を「官能の境地」へと誘う、肉ワンタン麺【支那そば大和】

649f44528269d6da160af16a7697ec30 copy
 

日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。豪華執筆陣による興味深い記事を1本から購入できて読める、まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、田中さんの記事から本日ご紹介するのは、東京・稲荷町「支那そば大和」の肉ワンタン麺。今まで12,000杯のラーメンを食べ歩いたラーメン官僚が、五感を心地好く刺激する甘辛い出汁で官能の境地へと誘われた、支那そば大和の肉ワンタン麺のお味とは?

オススメ!【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】支那そば大和

支那そば大和@稲荷町にて、肉ワンタン麺(白黒ミックス)。

本年3月28日、メトロ銀座線稲荷町駅から徒歩2分程度の場所にオープンした新店。

2d77f2c6a48317185184276e6ff9cf5c copy

 

ロケーションは、上野と浅草を結ぶ浅草通り沿い。並べば通行客から注目を浴びる好立地だ。

オープン前に店前に到着したが、開店5分前の段階で既に10名程度の並びあり。

同店の店主は、都内屈指のたんたん亭系の実力店『八雲』のご出身。このため、ラーメンフリークからの注目度も高く、快調な滑り出しを見せているようだ。

肉ワンタン麺をミックススープでいただいた。

「ミックス」とは、白出汁と黒出汁を掛け合わせたスープが堪能できる1杯。

649f44528269d6da160af16a7697ec30 copy

黒出汁由来のコク(深み)と白出汁由来の膨らみ(広がり)を兼ね備えたうま味は、やはり最強!一分の隙もない。

このうま味を完璧に表現できる『八雲』が名店と呼ばれるだけのことはある。

口の中で転がせば転がすほど、甘辛い出汁が五感を心地好く刺激し、食べ手を官能の境地へと誘う。

いやあ、それにしても稲荷町界隈のレベルは上がったなあ。

ひと昔前を知る者からすれば隔世の感がある。

自身が食べて美味かったラーメンのみUPする、田中一明さんの記事をチェックしたい方はこちらでフォロー

DATA

支那そば大和

営業時間 11:30~15:30 17:00~21:00 ※スープなくなり次第終了

住所 東京都台東区東上野6-1-7 MSKビル1F

定休日 火曜日、第3水曜日

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

この著者の記事一覧はこちら

1972年11月生まれ。高校在学中に初めてラーメン専門店を訪れ、ラーメンに魅せられる。その後、順調にラーメンの世界にハマり、大学在学中の1995年より、本格的な食べ歩きを始動。今では「ラーメンの魅力の探究」をライフワークとし、年間700杯を超えるラーメンをコンスタントに実食しながら、ラーメン情報を各種媒体に精力的に発信している。これまでに食べたラーメンの総杯数は12,000杯に及ぶ。日々の食べ歩きの様子は、FacebookTwitterを御参照ください。

まぐまぐの新サービス「mine」の記事一覧ページはこちら

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 【稲荷町】ラーメン官僚を「官能の境地」へと誘う、肉ワンタン麺【支那そば大和】
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け