光回線の工事が終了しました…悪質代理店による「電話勧誘」の実態

shutterstock_151792607
 

先日掲載の記事「探偵が突き止めた、時折ポストに入れられている「NTT」チラシの正体」では、現役探偵がマンションのポストに入れられる「光回線のチラシ」の正体を暴き大きな話題を呼びました。今回の無料メルマガ『幸せを呼ぶ!クレーム対応術』では、著者でクレーム対応のプロである奥村渉さんが、たまたま受けた悪質極まりない「光回線工事の電話営業」のやり取りを公開するとともに、同営業の大きな問題点をプロの目で分析しています。

光回線の工事が終了しましたので切り替えのご連絡です

つい先日、自宅の固定電話に、20時ころ、0120から始まる番号の着信がありました。家族は携帯電話をもっているので、固定電話にかけてくる相手は限られます。しかも、0120から始まる番号から、固定電話にかかってくる場合、ほぼ営業電話なのは、以前からわかっていました。留守番電話にしてあるので、普段であれば相手が名乗ったタイミングで、心当たりがあるときのみ出ています。しかし、その日は何かと忙しく、ついうっかりそのまま出てしまったのです。

相手は、会社名を名乗り、「お客さまのご自宅付近で、NTTの光回線工事が終了しましたので、サービス切り替えのご連絡です」と切り出してきました。

「営業ですか?」とわたしが聞くと、「いえ、よりお安いサービスに切り替えが可能になったためそのご連絡です」と答えます。

「いえ、結構です」

「あ、『結構です』というものではなくてですね、安いサービスに切り替えをおこなうためのご確認なんです」

「そのサービスとは何ですか」

「以前●●●が提供していた●●●●と、NTTがおこなっているサービスです」

なんとなく、回線営業の電話だろうとわかってきたので、「今は忙しいので、どうしても必要なら書面で送ってください」電話を切ってほしかったので、そう言うと、「あー、それなんですがー、書面でのお手続きはできないんです」。

!!! なんだって!? 書面でやりとりできないのに、サービスを切り替えるなんて、多少安くなっても、怖くて嫌だよ! その驚きのまま、わたしは聞きました。

「書面でできないサービスに切り替えるんですか?」

「はい、お得になりますので!」

「営業ですよね? でしたら結構なんですが。」

すると、この業者は、「いえ、ですので、お客さまのインターネットのご利用料金が、お安くなるご案内なので、結構ですというものではないんです」と言い放ったのです。なんと、へらへらと、鼻で笑いながら。「いえ」という否定語を使い、「ですので」とわたしの発言を批判し、「結構ですというものではない」などと、ウソをついたのです。

「書面で説明ができないサービスって何なんですか?」

「そのあなたの話が分からないから聞いてるのに何で上からなんですか?」

「あなたの、薄ら笑いがすごく感じが悪いんですけど」

と、立て続けに言ったのですが、慣れているのか、全然へっちゃらです。さらに、最後まで営業だと認めず、不愉快に思っているというわたしに謝罪もせず、ネチネチのらりくらりと言い訳をして、話を続け、いっこうに切る気配がありません

あまりにしつこいため、「必要ありませんので!!!」と、最終的にガチャ切りしましたが、電話に出たことを後悔しつつも、実に、氣分が悪くなる電話でした。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 光回線の工事が終了しました…悪質代理店による「電話勧誘」の実態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい