幼い頃に母親からの愛情を受けなかった人が、自分を愛すべき理由

shutterstock_208657963
 

子供の頃に親からの愛情を受けなかったという相談がよくくるという、メルマガ著者『手塚千砂子『自分を味方にする法則「ほめ日記」&命のワークで希望の実現を!』』の手塚千砂子さん。今回も幼い頃から母親に肯定されなかったり、甘えさせてもらえなかった相談者から、「母に対してイライラしてしまい、どうすればいいのか?」という質問に対して、アドバイスをしています。

「子どもの頃に親の愛情を受けなかった」という相談

私は、「子どもの頃に 親の愛情を受けなかった」という人のご相談を受け、 ご指導することが多いのですが、ほとんどの悩みは「今」の自分を自分で育て られる――という実感をつかんでいただくと、解消していきます。

この「実感をつかむ」ためには、自分が自分に愛情を注ぐ習慣をつけなければ なりません。その習慣をつける最良の方法は「ほめ日記」だと、私は多くの 実証から、確信を得ています。    

過去に味わった寂しさや悲しさ、悔しさは、往々にして成人してからも引き ずるものですが、いつまでもそうしていては、「今」の自分にも、「未来」の 自分にも、ネガティブな影響を与えてしまうので、人生がもったいないですよ ね。

もしも、あなたが親との関係にネガティブな感情を抱いているなら、今回の MYさんの質問への回答を参考にされて、「ほめ日記」を実践していただきた いと思います。  生育過程がどのようであっても、私たちすべての命には「幸せになるタネ」 が組み込まれているのです。一緒に愛をもって育てていきましょう。

読者からの質問:幼い頃、母は私に無関心でした

MYさんから 頂いた質問です。

「『ほめ日記』を書き始めて数か月、だいぶ気持ちも安定し、穏やかでいられる時間が増えたのですが、母との関係でどうしてもまだイライラしたり、つい酷い事を言ってしまい、なかなか優しく出来ない自分です。離れると反省するのですが、何とか母に優しくしたいと思うのに難しいです。

母に対しての自分を、どう褒めていいか分からず相談のメールを送らせて頂きました。小さな頃、母は私に無関心だったように感じています。幼い日から、それが当たり前ながら寂しく、悲しかったです。私が言った事に反応してくれると、意外でとてもビックリした記憶があります。

学校に行くようになってからは、勉強のことでいつも怒られていました。学校の授業もついていけず『自分はダメ、頭が悪い』という気持ちでした。母は、後になって心の勉強をして、今は無関心ではありませんが、私はいまだに母から肯定されているという気持ちはよく分かりません。ずっと物心着いた時から孤独でした。自分を愛したいです。よろしくお願いします。」

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 幼い頃に母親からの愛情を受けなかった人が、自分を愛すべき理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい