なぜウルトラマンは今もなお世代を超えて愛され続けるのか?

shima20170705
 

今年で放送開始51年目となる「ウルトラマン」シリーズ。その魅力は世代の壁を越え、父から息子へ、場合によっては祖父から孫へと受け継がれています。今見ても古臭さを感じさせない魅力の秘密は一体どこにあるのでしょうか。無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』の著者・嶌信彦さんが、円谷プロの歴史をたどりながらその秘密に迫ります。

ウルトラマン50年の人気と秘密 ─円谷プロの特撮の努力と歴史─

怪獣映画「ゴジラ」は、今も多くのファンをもつ。当初は日本の街を歩きながら踏み潰す大怪獣だった。しかし第5作「三大怪獣 地球最大の決戦」で、ゴジラは人類の味方として戦ったため、単なる恐怖の対象ではなくなっていきエンターテインメントとして迎え入れられる。また時には正義のヒーローとして描かれたこともあって、時代とともにゴジラ像も変化しつつある。特に元巨人の松井秀喜選手がゴジラの愛称で呼ばれるようになり、ますます親しみをもたれるようになった。最近はシン・ゴジラが新作として公開され話題を呼んだ

このゴジラを1954年に世に送り出したのが、円谷プロダクションの特殊技術や特撮のノウハウをもったスタッフたちだった。人間(俳優)がゴジラなどの着ぐるみを身にまとい、実像の25分の1に作られた街や建物を巨大怪獣が踏み潰していくシーンが圧巻だった。時に大爆発が起こり街やビルが吹っ飛ばされるシーンもあるが、ゴジラのタイミングにあわせ爆破スイッチを入れるのが大変だったという。模型の街並みなので1回爆発させたら二度と使えないので、ゴジラの歩くシーンと爆発のタイミングを合わせるのは、まさに職人技を要したという。

1966年ウルトラマンがTV放映

その円谷プロが満を持して制作をスタートさせたのが、1966年の「ウルトラマン」だった。宇宙からやってくる怪獣から地球を防衛するという筋立てで、地球防衛のヒーローが、ウルトラマンなのだ。TBSで放映されると、またたく間に子供たちの人気シリーズとなり、以来途中に休止期間があったものの、昨年の2016年で50年を迎え、今もテレビ東京系で毎週放送されている。TBSの玄関にはウルトラマンの立像まで立てられているほどだ。

ウルトラマンはシリーズで放送され、たとえば1966年に「ウルトラQ」、66-67年「ウルトラマン」、67-68年「ウルトラセブン」、71-72年「帰ってきたウルトラマン」といった具合で、その後もウルトラマンA、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオ、ウルトラマン80などが次々と放映された。

90年代に入るとウルトラマンティガ(96-97年、この時からCGも導入)、ウルトラマン・ダイナ、ウルトラマン・ガイア、2000年代になるとウルトラマン・コスモス、ウルトラマン・ネクサス、ウルトラマン・マックス、ウルトラマン・メビウスなどと続き、ついにはウルトラマン列伝、新列伝なども放映された。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • なぜウルトラマンは今もなお世代を超えて愛され続けるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい