年間2億本、井村屋「あずきバー」の硬さに込められた執念

 

~村上龍の編集後記~

「あずきバー」を知らない人はたぶんいないかも知れない。まさに、理想の商品だ。

実質的創業者の井村二郎は、生死をともにした戦友たちと会社を作った。

独創性と先見性に優れ、「人のやらないこと人が真似するようなことをやる」という姿勢を貫いた。

無類の新し物好きだったらしいが、世に送り出した商品は決して飽きないものばかりだった。

話題の新商品や食べ物屋に長い行列ができる国で、「飽きられないもの」を生み出すのは非常にむずかしい。

井村二郎の精神は、浅田さん率いる現代の「井村屋」に脈々と息づいている。

 

<出演者略歴>

浅田剛夫(あさだ・たけお)1942年、三重県生まれ。中央大学卒業。1970年、井村屋製菓入社。2003年、代表取締役社長就任。2013年、井村屋グループ会長就任。

 

source:テレビ東京「カンブリア宮殿」

 

テレビ東京「カンブリア宮殿」

テレビ東京「カンブリア宮殿」

この著者の記事一覧はこちらから

テレビ東京系列で毎週木曜 夜10時から放送。ニュースが伝えない日本経済を、村上龍・小池栄子が“平成カンブリア紀の経済人”を迎えてお伝えする、大人のためのトーク・ライブ・ショーです。まぐまぐの新サービス「mine」では、毎週の放送内容をコラム化した「読んで分かる『カンブリア宮殿』~ビジネスのヒントがここにある~」をお届けします。

bnr_720-140_161104

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 年間2億本、井村屋「あずきバー」の硬さに込められた執念
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい