【時事英語】格差を是正する「ベーシックインカム制度」に欧米が注目

 

2016年にスイスでこの制度を導入するか国民投票が行われましたが、大差で否決されました。

オランダやフィンランド、そしてカナダなどでもこの制度の導入の検討にはいっていますが、未だに成功した事例はありません。

ベーシックインカムに向けた財源はどうするのでしょうか。

また、生活保護や失業保険などの福祉政策、年金制度などとの整合性をどのように位置付けるのでしょうか。

さらに、富裕層とそうでない国民との不公平感をいかに是正すればいいのでしょうか。

また、国の財政難に拍車をかけることにはならないのでしょうか。

課題はいくつかありそうです。

さらに、AIなどの進化で失われる職業による失業者の救済にこの制度が適しているかどうかという実験も必要となりそうです。

ベーシックインカムはすべての人が対象となることで、逆に不公平感を是正しようという画期的な発想でもあります。

しかし、この制度の導入には、国民がいかに格差を捉え、恵まれない境遇にある人への深い洞察と同情を共有できるかという課題を克服しなければなりません。

格差が個人ではなく社会全体の課題であるという意識への支持も必要です。

成熟し円熟した大人の社会によってこの制度が受け入れられるかどうか。

制度の導入にはこれから数十年の粘り強い試行錯誤が求められるのかもしれません。

image by:Shutterstock

山久瀬洋二この著者の記事一覧

たくさんの単語を覚え、丹念に文法を学習し、発音練習とヒアリング訓練に明け暮れても、英語で上手にコミュケーションがとれるようになるとは限りません。 それは、会話の背景に育った国・地域の文化や習慣の影響があるからです。 このメルマガでは、相手の趣旨を出来るだけ理解し、自分の意図ををより正確にに伝える「異文化コミュニーション」の手法をお伝えします。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 山久瀬洋二 えいごism 』

【著者】 山久瀬洋二 【発行周期】 ほぼ週刊

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 【時事英語】格差を是正する「ベーシックインカム制度」に欧米が注目
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け