【時事英語】格差を是正する「ベーシックインカム制度」に欧米が注目

Basic Income
 

かつては一億総中流社会と言われた日本ですが、近年では国民間の経済的な格差が大きな社会問題となっています。無料メルマガ『山久瀬洋二 えいごism』では、英語のエキスパートの山久瀬さんは、日本より経済格差が深刻とされる欧米での格差を是正する画期的な方法として注目される「ベーシックインカム」制度を紹介。欧米各国の本制度導入への議論の現状を解説してくれています。

加熱する「ベーシックインカム」導入への議論

海外のメディアで報じられたニュースを解説します。日本のマスコミではあまり報じられない切り口で、本当はどういう意味で報じられているのかを私見を交えてお伝えします。

今週のテーマは、「円熟した社会が『ベーシックインカム』制度を導入するには」です。

【海外ニュース】
Universal basic income is generating considerable interest these days, from Bernie Sanders, who says he is “absolutely sympathetic” to the idea, to Mark Zuckerberg, Facebook’s chief executive, and other tech billionaires.

訳:バーニー・サンダースがフェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグや他の技術界の富裕者の打ち出した考えを強く支持し、万人に向けたベーシックインカムという考え方に大きな関心が集まっている
(New York Timesより)

【ニュース解説】
去年のアメリカの大統領選挙では、国がもっと国民の生活を向上させるために積極的に動くべきだとした民主党のバーニー・サンダース Bernie Sanders 候補が注目を集めました。

表題の記事のように、彼が、フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ Mark Zuckerberg などと共に打ち出したのが、ベーシックインカム Basic Income という制度の導入でした。

ベーシックインカムは、全ての国民に平等に政府が一定の資金を支給して、最低限の生活ができるようにするシステムのことを意味しています。

国民から徴収した税金を、根本的な格差を是正し、その結果、個人の自由と尊厳を守るために、差別感なく均等に振り分けようというのがベーシックインカムの考え方です。

今、アメリカだけでなく、日本をはじめ、世界中で格差 gap の問題が討議されています。

格差は個人の努力で是正されるという人と、社会的に不利益を被った人々は格差の壁を乗り越えることは困難だという人とで、意見が対立しているのです。

格差を是正するには、税金の投入が必要です。同時に国としての強力な制度の導入も必要です。

こうしたことから、格差を是正するために政策を実行することは、国が個人の自由を阻害し、国民の税金をばらまきに使うことになるのではという議論もアメリカなどでは根強くあります。

バーニー・サンダースの対極をいき、大統領となったドナルド・トランプはベーシックインカムをはじめとした政府による国民全体への均一なサービスには極めて否定的なのです。

日本でも、「定額給付金」や「子ども手当」の形で一時キャッシュを国民に支給したことがありました。しかし、根本的な格差是正には程遠く、選挙のためのばらまきという批判にさらされたのは記憶に新しいはずです。

そもそも、格差はどうして生まれるのでしょうか

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【時事英語】格差を是正する「ベーシックインカム制度」に欧米が注目
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい