親の反対で内定辞退する新卒急増。これは企業にとってチャンス

shutterstock_239366689
 

近年、「親が反対している」という理由だけで内定を辞退する新卒者が多いのだそうです。そんな事態を避けるため、企業サイドにとって「親が入社を了承しているのかの確認」、つまり「オヤカク」が必須なのだとか。「なんだかなぁ」なんて思ってしまう方も多いと思いますが、無料メルマガ『「欲しい人材がザクザク採れる!」採用成功術』では「むしろ自社のファンを増やすチャンス」と説きます。

新卒採用は親の対応もしっかりと

新卒採用において「オヤカク」という言葉がよく聞かれるようになりました。その言葉の意味は「内定を出した学生の両親が入社を了承しているかの確認をすること」です。それを省略して「オヤ(親)カク(確)」と言います。

この言葉が使われるようになった背景には「親の了承が得られない」ということだけが原因で内定を辞退されてしまうケースが増えているという現状があります。それだけ、採用において親の存在が大きくなっているということです。

会社によっては、内定者の親向けに

  • 会社説明会
  • 食事会、懇親会
  • 親同伴の内定式、入社式

などを行っているところも増えてきています。

みなさんの中には

「親が過保護すぎる」
「そんな親離れできていない学生はいらない」

と考えるひともいるかも知れません。確かに「自分の仕事を自分自身で決められないのか」と考える気持ちは私もわかります。大卒であれば、20歳を越えているわけで立派な大人ですからね。

ただ、現実にはそうは言っていられないほど「親に相談してから」という学生が増えているのです。それであれば、こちらがそれに合わせていくしかありません。

ただ、実際に行うのは上記のような会社説明会や懇親会ほどの大掛かりなイベントである必要はありません。会社案内や説明資料を親宛に送るだけでも(さらに手書きの手紙を付けたりとか)一定の効果はあります。

また、親にも納得してもらうことの効果は内定辞退を防ぐことだけではありません。それだけ自社のファンを増やす事にもつながります。

会社にとってはチャンスでもあるのです。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 親の反対で内定辞退する新卒急増。これは企業にとってチャンス
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け