切るごとに物語が展開していく「ようかん」がメルヘンチック!

2017.11.30
65
by gyouza(まぐまぐ編集部)
Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア
 

近ごろ寒いですね、こんな日はあったかいコタツに入りながら熱ーいお茶をすすりながら和菓子をパクつくにかぎります。

そんなお茶うけにぴったりの和菓子、羊羹(ようかん)ですが、切るごとに物語が展開していくという、とてもおしゃれで素敵でメルヘンチックな商品があるとツイッターで話題になっています。

画像とコメントをアップしたのは、ツイッターユーザーのGreen Pepper‏(@r2d2c3poacco)さん。

どれだけ素敵な羊羹なのか、まずは当該ツイートを早速ご覧ください。

 

うわぁ、これはステキ! 三日月から満月に変わる月に向かって鳥が羽ばたき、空も夜の帳(とばり)が下りてくる羊羹なんて、かつてあったでしょうか?

実はこれ、福島県会津若松市にある老舗の和菓子店「本家長門屋」さんが発売している、「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」という羊羹でした。名前もジャズのスタンダードナンバーから取っているところがセンスを感じますね。

すでに予約が殺到しているらしく、現在は12月半ば頃の発送になっていました。気になった方はチェックして見てはいかがでしょうか?

● 本家長門屋 公式ホームページ Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

 

print

  • 切るごとに物語が展開していく「ようかん」がメルヘンチック!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け