白バイ隊員を賄賂で買収。タクシー運転手が驚いたワケありな客

shutterstock_560323171
 

メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』の著者で交通ジャーナリストの吉田武さんが、現役タクシー運転手・Kさんに裏話や面白エピソードを聞く新連載シリーズ。初回は、タクシー運転手だったという吉田さんの父親の驚愕エピソードから始まり、Kさんが体験した暴力団と白バイの危ないエピソードまで、他のメディアでは決して読めない話を暴露しています。

【関連記事】タクシーの闇。「カード手数料は運転手が負担」の謎を聞いてみた

ベテランタクシー運転手が味わってきた様々な交通事案 その1

以前タクシー関連のネタをメルマガで披露した際、それ以降現役タクシードライバーの方々からお便りを多く頂くようになりました。その中でも「私みたいな年寄りドライバーで良ければ、メルマガのネタに少しでもおチカラになりたく」と連絡して下さったベテランのタクシー運転手Kさんに興味を抱き、取材時は63歳だったKさんから都内を流すタクシーの交通事案をベテランの観点から様々なエピソードを含め色々語って頂きました。

吉田:実は59歳で肺ガンで亡くなった父もタクシーの運転手をやっていたんですよ

Kさん:そうなんですか。では尚更興味ありそうなネタを提供したいですね(笑)。どれぐらいの年数お父様はタクシーに乗られていたんですか?

吉田:ロバート・デ・ニーロが主演した映画タクシードライバーを観てタクシーの運転手になったので……それからガンで入院するまで乗ってましたから1976年~1994年までですね。

Kさん:映画からの影響とは……凄いです!

吉田:父は僕が産まれるまで浅草にてヤクザの組長やってまして、オトシマエつけて足洗ってからタクシードライバーの映画と出会うまで今風な表現で言うとニートだったんですよ(苦笑)。他の職業に中々就けなかったっていうのもあったと思いますけどねぇ。

Kさん:昭和の時代は元ヤクザだった方々が転職先にタクシー運転手を選ぶことが多かったですからね。分かります。

吉田:しかし6年ぐらいニート生活して、母が働いて稼ぐという貧しいヒモ生活に子ども時代から疑問を感じていたんですけどね(笑)。他の幼稚園の友だちの家には昼間にはお父さんがいない……という壁にぶち当たってしまい、うちの父は仕事していないのではなかろうか? との謎が浮かび上がるも怖い父にはさすがに聞けなくて(苦笑)。

Kさん:あははは。吉田さんはお話も面白いんですね。

print

  • 白バイ隊員を賄賂で買収。タクシー運転手が驚いたワケありな客
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け