現役医師が警告。「騒音」は高血圧や心筋梗塞、脳梗塞も誘発する

tokuda20180128
 

大気や水だけではなく、「騒音」も現代人を悩ます深刻な環境汚染要因の1つであるようです。現役医師の徳田安春先生は自身のメルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』で、騒音がもたらす人体へのさまざまな悪影響を紹介するとともに、その健康被害が最も深刻な米軍基地周辺の現状についても記しています。

騒音は汚染因子

通常、環境汚染というと大気汚染や土壌汚染、海水・淡水汚染を思い出すでしょう。でも最近、騒音も環境汚染要因として重要であることがわかってきました。騒音汚染です。英語ではノイズポルータントと呼びます。騒音はもともと難聴をきたすことが知られていましたが、睡眠障害や認知障害をきたすこともわかってきました。さらには、高血圧や脳血管障害心筋梗塞等の心血管疾患をきたすこともわかってきました。

細菌学における様々な発見でノーベル賞を受賞したロベルト・コッホは、1910年に述べていました。「将来の人類は、コレラやぺストと戦ったように、騒音と戦うことになるだろう」と。確かに、騒音は人々のコミニケーションを妨げ、良好な睡眠を阻害し、迷惑をもたらします。さらには、長期間の騒音への曝露は、心臓血管病のリスクとなることもわかったのです。コッホの予言は残念ながら正しかったようです。

様々な原因が騒音となります。最もひどい騒音を出すのは飛行機です。そして鉄道と自動車です。日常的にこれら空の騒音に曝露している人々はかなり多いことがわかっています。子供での騒音への曝露は知能発達の障害をきたすことがわかっています。世界保健機構の試算は、騒音による健康被害によってかなりの健康被害が出ていることを示しています。睡眠障害子供の知能発達障害騒音に関連する心臓血管病そして騒音による耳鳴りです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 現役医師が警告。「騒音」は高血圧や心筋梗塞、脳梗塞も誘発する
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい