【NY通信】ニューヨークに住んで、太りやすくなった件(涙)

2018.02.21
11
unnamed-1-2-500x500 copy
 

新米ニューヨーカー・さめこのニューヨーク通信

 

こんにちは、ニューヨーク在住ライターの鮫川です。突然ですが、ニューヨークに来てからというもの、太りやすくなってしまい悩んでいる私です。正直、日本に住んでいた頃も決して痩せてはおらず、ぽっちゃりはしていましたが、この街に住んでから体がより分厚くなっております(涙)。

それにはいくつか原因があります。

(原因1)高カロリー&量の多い料理

アメリカはあらゆる料理が高カロリーです。お菓子も信じられないぐらい甘ーーーーいお菓子ばかりだし、油っぽい料理の多いこと多いこと。そしてサイズが何かとデカい! 1品頼んだら「これ3人前ですか?」という量が出てくることも多々アリ。でももったいないから残せない…という貧乏性も手伝い、結構な量を食べてしまっています。

(原因2)華奢な人が少ない

日本に住んでいた頃は、まわりに華奢な人がたくさんいたので、ぼっちゃりしていると一人だけ大きく見えてしまう。だから、万年ダイエッターでした。でもニューヨークに来たら、華奢な人がいない! 多少ぽっちゃりでも、この街では普通なのです。そのため、ダイエットへの意識が低下してしまうのです。主人はまさにその典型で、どんどんお腹が膨れていっているのですが、「ニューヨークでは、これでもガリの部類だから大丈夫」と開き直っています。でもこのままいくと、日本では完全に肥満…。心配です。

(原因3)スカートを履く頻度の減少

もう一つ原因を挙げるとしたら、スカートを履かなくなったからではないかと思っています。ニューヨーカーはパンツスタイルが多いので、私も自然とスカートを履かなくなってしまったのですが、そうすると足を出すことへの緊張感がなくなり、太くなるのです。よく芸能人は色んな人に見られるから綺麗になるといいますが、逆に見せないと美しさが低下してしまうのかもしれません。冬のニューヨークは極寒なので、うかうか足を出せないのが悩ましいのですが、少し暖かくなったらスカートを履こうと今から意気込んでいます。
とはいえ、こんな言い訳をツラツラ書いていたら、みなさんに「だったら運動しろ!」とお叱りを受けそうですね。この原稿を書き終えたら、久々にジムに行き体を動かしてこようと思います!

さめこ(鮫川 佳那子)

【執筆者】
さめこ(鮫川 佳那子)〈NY在住ライター/ニューヨーク女子部♡主催〉

青山学院大学卒業後、サイバーエージェントに入社し広告制作・メディア編集・イベント企画運営に携わる。2015年より夫の海外転勤で渡米し、現在はニューヨークの新聞をはじめ、様々な媒体で記事を執筆。またNY在住の20〜30代女性が所属するコミュニティー「ニューヨーク女子部♡」を主催し、イベント企画運営も行っている。
【ブログ】ameblo.jp/samechoco/

記事提供:ニューヨークビズ

さめこ

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【NY通信】ニューヨークに住んで、太りやすくなった件(涙)
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい