【爆笑ジョーク】若い頃、祖父はトンデモない筋肉マンだった?

granpa_story
 

毎週英語ジョークを紹介している爆笑メルマガ『笑える英語 無料版』から、「筋肉の鍛え方」というジョークをご紹介します。

今週のジョーク「筋肉の鍛え方」
(原題:When I Was a Boy)

My grandfather worked in a blacksmith shop when he was a boy, and he used to tell me how he had toughened himself up so he could stand the rigors of blacksmithing.

少年時代のじいちゃんは、鍛冶屋で働いていた。じいちゃんは、鍛冶屋の過酷な仕事に耐えるためにいかに身体を鍛えていたかを、話してくれたものさ。

He said he would stand outside behind the house and, with a 5 pound potato sack in each hand, extend his arms straight out to his sides and hold them there as long as he could.

じいちゃんはいつも、鍛冶屋の外の物陰で、5ポンドのじゃがいも袋を両手に持ち、腕を両側にまっすぐ伸ばしたまま、できるだけ長く保って立っていたんだそうだ。

After a while he tried 10 pound potato sacks, then 20 pound potato sacks and finally he got to where he could lift a 50 pound potato sack in each hand and hold his arms straight out for five full minutes!

しばらくするとじいちゃんは、10ポンドのじゃがいも袋にチャレンジした。それから20ポンドの袋、そしてついに、50ポンドのじゃがいも袋を、両手をまっすぐ伸ばした状態で5分間も持ち上げていられるまでになったんだ。

Eventually, he even started putting potatoes in the sacks.

そしてとうとう、じいちゃんは、袋にじゃがいもを入れ始めるまでになったのさ。

(サイト『Basic Jokes』より出典)

 

この鍛え方は「ドランクモンキー酔拳」より続く、正攻法ですね。まずは軽い(空っぽの)ものから始めて、次第に重くしていく方法です。5ポンド入る袋より50ポンド入る袋の方が、大きい分、確実に何グラムか重いでしょう。

しまいにはジャガイモまで入れて、筋肉ついちゃいます。

笑える英語(無料版)この著者の記事一覧

続かない方に–殿堂入り定番メルマガで英語脳作り!スタンダードジョークで笑って英語嫌いを治しましょう。TOEIC・英検対策、日常英会話・英単語力向上もまずはここから。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 笑える英語(無料版) 』

【著者】 笑える英語(無料版) 【発行周期】 ほぼ週刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【爆笑ジョーク】若い頃、祖父はトンデモない筋肉マンだった?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい