金正恩の狙い通り。北の大勝利に終わった南北会談の驚くべき作戦

kitano20180502-e
 

世界が注目する中、4月27日の南北首脳会談で文在寅大統領と金正恩委員長が署名した「板門店宣言」。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では、著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんがこの「板門店宣言」を詳細に読み解き、「会談は金正恩委員長の大勝利だった」と断言、その理由について記しています。

なぜ南北首脳会談は、金正恩の勝利だったのか?

皆さんご存知のように、南北首脳会談が4月27日、行われました。で、その結果、文さん、金さんは、「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言」に署名したのですね。ここに何が書かれていたのでしょうか?

金正恩は、「経済制裁」を「無力化」する

まず、1950年からつづく「戦争状態を終わらせ、「平和な時代を築く決意が宣言されています。

両首脳は、朝鮮半島にもはや戦争はなく、新たな平和の時代が開かれたことを8,000万のわが同胞と全世界に厳粛に宣言した。

「新たな平和な時代が開かれ“た”」というのは、かなり早すぎる気がしますが…。

1 南と北は、南北関係の全面的で画期的な改善と発展を実現することで、途絶えた民族の血脈をつなぎ、共同繁栄と自主統一の未来を早めていくだろう。

「平和な時代」が開かれたということで、「関係改善をしていこう!」という話になります。そして、「具体的にどうやって関係を改善していこうか?という項目がつづきます。

6項目あるのですが、長くなるので、興味がある方は原文をお読みください。ここではポイントだけ、書いておきます。

(1)南北は、すべての合意を徹底的に履行する

(2)南北は、各分野の対話と交渉を早期に開催し、首脳会談の合意を実現すべく対策を立てる

(3)南北の交流を円滑に進めるため、南北共同連絡事務所を開城地域に設置する

(4)南北は、多方面の協力と交流、往来や接触を活性化する

(5)離散家族・親戚再会をはじめとする諸問題を協議、解決する

次がおそらく最重要です。ここ、原文そのまま引用。

(6)南と北は民族経済の均衡的な発展と、共同繁栄を成し遂げるため、(07年の南北首脳による)10月4日宣言で合意した事業を積極的に推進していき、一次的に東海線と京義線の鉄道と道路などを連結し、現代化し、活用するための実践的な対策を取っていくことにした。

  • 共同事業を積極的に推進する
  • 南北鉄道、道路を連結する

さて、「1」と項目(1)~(6)で書かれていることはなんでしょうか? 要するに、「平和な時代が来たので、両国間の人的経済的交流を活性化させましょう」ということ。結果、比較的豊かな韓国から極貧の北朝鮮に金が流れるようになる。

北朝鮮は現在、厳しい経済制裁で苦境に陥っていますが、この宣言内容が現実化すれば「経済制裁が無力化される」ことになります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 金正恩の狙い通り。北の大勝利に終わった南北会談の驚くべき作戦
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい