大阪地震で猫の脱走が続出。科学者が教える逃げたペットの探し方

shutterstock_744955435
 

6月18日に起きた大阪震度6弱の地震。自宅の防災グッズを見直された方も多いのではないでしょうか。そんな中、SNSでは地震でパニックになったペットが逃げ出してしまった、というケースが話題になっているそうです。無料メルマガ『アリエナイ科学メルマ』では著者で科学者のくられさんが、ご自宅のペットの猫ちゃんが数回迷子になった経験を踏まえた、「脱走ペットの探し方」を紹介しています。

地震でペットが逃げたとき

わんちゃんやにゃんこちゃん。震災時には一番困る上に、セーフティネットが地味にぜんぜん用意されていないので、如何に彼らの命を守ってあげるのか…というのは災害時の永遠のテーマの一つです。

今回の関西の大地震では、猫が網戸をやぶって外に逃げていったといった話がちらほらTwitterなどで話題になっています。

そうした脱走ペットの探し方…我が家でも何度か居なくなって回収した経験からの話ですが、まとめておこうと思います。

まず、逃げ出すことが多いのは猫ちゃん。猫はかなり自分で身を守る能力が高い生き物ですが、地震の際に、パニックになって外に逃げ出すことがあります。だいたい帰ってくるのですが、パニックが大きければ大きいほどある程度の時間帰ってきません

大半が、家の近くの物陰に隠れていることが多く、家の前などにその子の愛用マット猫トイレを少し離して置いておくと、自分のにおいだ…と認識して近くまで帰ってくることがあります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 大阪地震で猫の脱走が続出。科学者が教える逃げたペットの探し方
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい